アパレルの開業・経営はゼロ円でもできる!? ネットショップの開き方や仕入れ方法も解説!

私たちが生活するために必要な三大要素衣食住のうち、衣を担っているのがアパレル分野です。そのアパレルの開業を検討する方は決して少なくありません。しかし、アパレルはなんとなく店を構えただけでお客様が当たり前のように入店してくれるほど頻繁に訪れる場所ではないため、アパレルを開業して成功しようと思うと、アパレルで成功するための正しいプロセスを踏んでおく必要があります。今回はアパレルの開業、経営の基礎知識や実店舗販売とネットショップ販売の特徴、商品の仕入れ先などについて解説します。

アイキャッチ

アパレルの開業、経営はネットショップを活用してリスクを減らそう!

アパレルの開業、経営で成功するためには、ネットショップとして開業する方が成功しやすく、リスクも減らせると言われています。なぜなら実店舗で開業するとどうしても高いコストがかかってしまったり、その店舗の近くに来た人しか買い物ができないことから、立地条件と近くのライバル店との競走が激しくなりやすいためです。

ネットショップで開業すれば、全国に住む人に向けて販売でき、24時間いつでも販売受付ができ、店舗を構えないでいい分安く開業できます。衣服はそこまで頻繁に買うものでもないため、売上を伸ばそうと思えば購入してくれる可能性のあるお客様の数を増やした販売方法の方が安定した収入を得やすいです。

アパレルの開業を検討していた方はなるべくリスクを減らしてリターンが得やすいネットショップでの開業を視野に入れてみてください。

アパレルの開業資金、経営・運営にかかる費用、必要なもの

アパレルをネットショップで開業した際にかかる初期費用や経営・運営にかかる費用などについてまとめていきます。

実店舗で開業する場合の初期費用は1,000万円以上!

アパレルを実店舗で開業した場合にかかる初期費用の項目として、最低でも以下の費用がかかってきます。

  • 物件費

  • 内装費

  • 設備費

  • 広告費

  • 人件費

  • 仕入費

物件費や内装費、設備費はどれだけ規模の大きい店舗にするかによって大幅にコストが変わります。

広告費は集客に大きく関わる部分なので、少なくとも売上の10%くらいは確保しておく必要があります。

人件費も店舗が大きくなればそれだけ費用がかかる部分であり、求人広告を掲載するコストまで考えなければなりません。

仕入費はその店舗の取り扱う商品のジャンルによって変わります。

高級ブランドをメインとした店舗にするならそれだけコストがかかり、気軽に誰でも着やすい商品をメインとする店舗にするならコストはある程度抑えられます。また、どのような形で仕入先を確保するかによっても費用は変わってきます。

どちらにせよ値段の安さをメインとした店舗にする場合でも、少なくとも初期費用の総額は1,000万円はかかってしまうとことが多いです。

ネットショップでの通販で開業するなら、ゼロ円でも開業可能!

一方で、ネットショップで開業する場合は、やり方次第では0円でも開業することは可能です。開業するだけなら、ネットショップの開業資金の大部分はサイトの構築費が大きなウェイトを占めます。

サイトを構築する際にASP(Application Service Provider)を使えば、ネットショップ開業に必要な素材やテンプレートが用意されていることから、手軽にサイトの構築ができます。中には0円で使えるASPもあるため、限りなくコストを減らしてサイトを構築することもできます。

ネットショップでの通販の経営・運営にかかる費用

アパレルをネットショップで開業する場合に、経営・運営にかかってくる費用としては以下のものがあります。

  • 仕入費

  • ネットショップの維持費

  • 梱包資材

  • 広告宣伝費

開業時にもかかるものですが、当然経営・運営を始めてからでも仕入費や広告宣伝費はかかってきます。実店舗との違いとして、ネットショップでの開業の場合はより一層広告宣伝の重要性が高くなってくるため、売上の20%は割く必要があります。お金をなるべくかけない宣伝方法としてTwitterやInstagramなどを積極的に使う方法もあるので、それらも積極的に活用していった方がいいです。

ネットショップの維持費は、レンタルサーバーや独自のドメインにかかる費用で、月に1,000~3,000円程度かかります。

梱包資材は専門店で数百円から数千円程度で購入できます。

アパレルの経営者の年収は約300~1,000万円

アパレルの経営者の年収はネットショップであれば、約300~1,000万円だと言われています。実店舗だと約250~400万円と言われています。

年収に関わってくる要因としては以下のものが挙げられます。

  • 売上

  • ショップの形態

  • 他店舗との差別化

  • 安定した仕入れルート

年収に一番関わってくるのが売上です。その売上を安定させるために大事なのがどのようなショップの形態にするか、他の店舗との差別化を図るかということです。ネットショップだけあるいは実店舗だけの方が多いですが、中にはネットショップと実店舗両方を構えて相乗効果を狙う経営者もいます。

加えて、他店舗と差別化を図ることで提供する商品を購入してくれるお客様が増えやすくなります。そのため、まずはどこまで売上が伸ばせるかが大事です。

また、売上だけでなく費用も考えなければなりません。比較的低コストで商品の仕入が可能なルートを確保しておくことが重要です。

コストだけでなく、売れる商品が確実に手に入ることも大事なので、アパレルショップを経営する場合は、その点を踏まえて安定した仕入ルートを確保してください。

アパレルの開業、経営の最近のトレンド

アパレルを開業して経営するとなると、採用できる開業、経営のスタイルがいくつか考えられますが、その中から最近トレンドとなっている開業、経営スタイルを紹介します。

ネットショップでの無在庫販売

ネットショップでの無在庫販売とは、その名の通りネットショップとして開業して、商品の在庫を管理することなく運営していく経営スタイルです。注文が入り次第仕入れを行うやり方で、メーカーに在庫の管理や梱包、発送を委託することが多いです。

これにより仕入や在庫管理等のリスクを最小限に抑えられ、委託した分生まれた時間をサイトの管理やマーケティング活動に当てることができるため、売上が伸ばしやすくなります。

ただ、無在庫販売に対応している商品もあれば、そうでない商品もあるため、必ずしも自分が売りたい商品を販売できるわけではなく、その商品が他のネットショップでも販売されていて価格競争が発生しやすい点に注意が必要です。

加えて、注文が入ってから発注処理を行うため、お客様に商品を届けるのに時間がかかったり、発注した際に在庫がなくて注文のキャンセル、返金処理を行う場合があるというデメリットもあります。

無人店舗販売

実店舗で開業する場合だと、無人店舗販売が注目を集めています。無人店舗販売には以下の3種類の形態が存在します。

  • 完全自動型

  • 採寸特化型

  • 単純無人型

完全自動型は事前にアプリ内で決済情報を登録しておいて、Amazon Goのようなアプリをかざして入店し、必要な商品を取ってそのまま店から出ることで自動で決済される仕組みの形態です。

採寸特化型は店内に3Dスキャナなどを設置して、採寸だけを店舗で済ませてデータを本部に送り、それを基に服を後日自宅に郵送する仕組みの形態です。

単純無人型は防犯カメラを設置して、通常のアパレルショップを単純に無人化する仕組みの形態です。

これらの仕組みによって、コスト面でネックな要因の1つとなる人件費を大幅にカットして、利益を底上げさせられます。

アパレルの開業・経営の成功事例

トレンドとなっているネットショップの無在庫販売と無人店舗販売のそれぞれの成功事例を紹介します。

ネットショップで無在庫販売を行い、リスクなく成功した事例

ネットショップでの販売は基本的に独自のECショップであるケースがほとんどであるため、ショップ名は伏せて事例を紹介します。

とある独自のネットショップでは、中国輸入の代行業者を経由して仕入れることで、不良品の返品や返金対応が発生してしまった場合に、それらを業者側に任せてリスクを最小限に減らしています。

出品する商品を中国のECサイトで調べて、ランキング上位の商品をそこで見つけたら在庫がなくてもとりあえず出品します。注文が入ったら代行業者を通じて発注をかけて、代行業者宛てに商品が届いたら、直接日本のお客様に発送するスタイルをとっています。

この方法で月商130~150万円、利益は40万円程度毎月発生しています。

無人販売でコストを抑えた、「ムジンノフクヤ」の事例

無人販売については、単純無人型を採用するムジンノフクヤが有名です。無人状態で24時間営業していて、古着選びから精算までお客様で完結させるスタイルを採用しています。この形態にしてからは、新型コロナウイルスの影響もあって月に300人以上が利用するほど人気を上げました。

ネット販売も視野にいれていましたが、古着を購入したい方はは触って確かめたいと考える方が多いとのことで、この形態を採用したと言います。

アパレルをネットショップで開業する方法

アパレルをネットショップで開業する方法はいくつかあります。それが以下の3つの方法です。

  • BASEを利用する

  • Shopifyを活用する

  • Storesを活用する

1つずつ解説します。

BASEを活用する

1つはBASEを活用する方法です。

BASEは個人で簡単にネット販売ができるサービスで最も人気のあるサービスで、広告宣伝にかなり力を入れているため、テレビのCM等を見たことがある方が多く、名前は聞いたことがあるという方が多いと思われます。

アカウントを作成して、開業予定のショップの運営情報や商品の登録を済ませて、ショップの各ページのイラストをデザインして公開したら開業できます。

もしコンセプト作りに迷った際には、BASEのショップの事例が見られるので、それを参考にしてみてください。

Shopifyを活用する

2つ目がShopifyを活用する方法です。

開業までのプロセスはBASEとほぼ同じ手順です。Shopifyは世界最大のECサイト制作プラットフォームで、ShopifyはECサイトを構築するために最低限必要な部分だけを作って、それ以降は実際に運営してみて必要に感じた要素を足していくスタイルです。

そのため、余分なコストをかけることなくECサイトを作れるので、なるべくコストカットしてECサイトを立ち上げたい方に向いています。

Storesを活用する

3つ目がStoresを活用する方法です。

こちらも基本設定は他2つと同じです。Storesはサイトがかなりすっきりとしていて見やすいのが特徴です。そのため、初めてネットショップの開業をする方にとって使いやすいです。

また、StoresはInstagramとの販売連携が可能であるため、Instagramでの集客をメインに考えている方にもおすすめです。

アパレルの開業・経営での仕入はどうしたらいい?

これまで商品の仕入に関わる仕事を経験したことがある方ならともかく、そういった経験がない方にとってはどのようにして商品の仕入をしていけばいいかイメージがつきにくいと思われます。

アパレルの開業・経営での仕入の方法としては主に以下の3つが考えられます。

  • Netseaを使って仕入れる

  • 海外から輸入する

  • 業者を使ってオリジナルで作る

1つずつ解説します。

Netseaを使って仕入れる

Netseaとはメーカー、問屋、卸会社向けに取扱商品の情報や卸売価格を掲載し、仕入先と結び付けて仕入の手伝いをするサービスです。このサービスは会員登録すれば誰でも使えます。

Netseaは商品を1点から仕入れることが可能で、売れ行き次第で仕入状況を自由に変えられることから、不良在庫の発生を抑えることができます。

ただ、無在庫販売の目的でNetseaを使うことができない点、利用するユーザーが多くて確実に仕入れられるとまでは言い切れない点に注意が必要です。

海外から輸入する

取り扱う商品次第では海外からの輸入もコストカットの最適な手段の1つです。

海外から輸入すると必ず為替が絡んできます。為替が絡んでくる以上は安く仕入れられる時と高い値段で仕入れざるを得ない時があります。ある程度在庫に余裕を持たせて、安く仕入れられるタイミングを見計らってうまく商品を仕入れることで費用を抑えられます。

その代わりに、在庫管理や為替にシビアな目を持って取り組まないと安定して商品を仕入れられません。

業者を使ってオリジナルで作る

仕入を行わずに、専門の業者に依頼をかけて商品をオリジナルで作ってもらうこともできます。この方法であれば業者のスケジュール状況にもよって変わってきますが、交渉次第では費用を安くすることも難しくありません。

しかし、業者に依頼する形だと依頼してから作る段階に入るため、依頼から実際に商品が手元に来るまでの時間をうまく管理していくことが求められます。

リスクなくアパレルを開業・経営するには

アパレルを開業する際には、実店舗とネットショップの開業の2つの運営形態があります。

実店舗は店を構える分商品を直接手に取って見てから購入できる反面、初期費用や店舗の維持費用等コストがかかりやすいです。実店舗で成功しているところは、店舗のコストは変えられなくても無人販売で人件費をカットするような仕組みを採用しています。

ネットショップは店舗を構えない分最低0円からでも開業できて、場所を選ばす幅広いお客様をターゲットにできる一方で、在庫管理等でのトラブルが発生しやすいです。ネットショップで成功しているところは、無在庫販売を取り入れてそういったリスクを最小限に減らす工夫をしています。

しかし、実店舗の方がコストがかかるという点から、事業がうまくいかなかった時のリスクが大きいため、リスクを減らして開業するならネットショップがおすすめです。

また、いくら売上が獲得できる運営形態を築いていけても、仕入にコストがかかってしまうと高い利益を獲得できないため、Netseaを使ったり、海外から仕入れたり、仕入れずに業者に依頼して商品を作ってもらうなどして、仕入のコストカットも工夫してみてください。

募集案件