パン屋をリスクなく開業・経営するには?リスク、デメリットやフランチャイズ加盟制度を徹底調査!

今の時代、パンはカジュアルなものから高級なものまで、日本人の生活に欠かすことができない存在となっています。しかし、パン屋開業はリスクが高く経営が難しいといわれています。ここではパン屋の開業のイロハ、リスクなく開業する方法を紹介しています。

アイキャッチ

近年はパン屋の開業・経営のブーム

近年、パン屋が大ブームです。

とくに食パンをはじめとしたコンセプトがしっかりとしたパン屋や健康志向に特化したパン屋、本格的なパン屋など、多種多様なスタイルのパン屋の出店が相次いでいます。

そのため、“自分もお気に入りのパンを作って売りたい”と思い、オーナーとしてパン屋開業を目指す方も少なくありません。

ここでは、パン屋開業について徹底解説いたします。ぜひ、パン屋開業を考えている方は参考にしてみてください。

パン屋の市場規模とその動向

前述したようにパン屋開業がブームになっています。

とある企業が調査した2019年度の国内パン市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、およそ1兆5,000万円となっており、これからも微増していくと示唆されています。

一部、小売業自体が打撃を受けた影響でパン業界も厳しいといわれているものの、新しいアイデアでさまざまなパンが登場。メディアやSNSでも取り上げられる機会が増えた上にテイクアウトによる需要が大幅に伸長中。

その結果、2024年の国内パン市場規模は1兆6,225億円になるのではないか、と予測されています。

高級パンブームからレトロパン、今までにないアイデアパンなど、“パン”そのものが注目されている時代に突入したのではないでしょうか。

パン屋を開業・経営する際に必要な設備や資金・費用、開業までの期間

パン屋の開業と一口にいっても、開業までの道のりは平坦なものではありません。

ここからは、パン屋を開業する際に必要な設備や資金・費用、開業までの期間を解説。

  • 一人で一から開業する場合

  • フランチャイズに加盟する場合

これらパターンをそれぞれ解説していきたいと思います。

一から全て自分でやる場合

パン屋を開業する際、全てを自分でやる場合の設備や流れなどを解説していきます。

  • コンセプト決め

  • 物件決め

  • 物件契約

  • 内装工事

  • 設備の準備

  • 広告宣伝

  • 人員確保

  • 原材料の仕入れ先の決定

  • 資格取得

  • 開業準備 

パン屋を一から開業するためには、物件選びから材料の仕入れ先、そして商品試作などかなりの作業が必要になります。

また、資材もミキサーやフライヤーなど、自店に合わせたものを用意する必要があり、開業後に必要になったことに気がついて買い足すことなども珍しくありません。

一から開業する場合の初期費用

一から自分でパン屋を開業する場合、どの程度の初期費用がかかるのか試算してみました。

まず、パン屋の開業にかかる資金は相場で「1500万円以上」といわれています。

  • 物件取得費 約500万円

  • 内装工事費用 約500万円

  • 厨房機器など 約600万円

  • レジ関連 約10万円

  • 資格取得費用 約3万円

  • 広告宣伝費用 約30万円

  • 合計 1,643万円

もちろん、これに運営費なども加わったり、諸経費がかかるため最低でも2000万円は用意しておきたいところです。

フランチャイズに加盟する場合

パン屋を開業する上でフランチャイズを利用される方も多い傾向にあります。

一から自分での開業と比較してみましょう。まずは、パン屋開業までの流れです。

  • フランチャイズ本部に問合せ

  • 面談

  • 物件調査

  • 事業計画

  • 審査

  • 契約

  • 店舗の段取り

  • 研修

  • 開店

フランチャイズの場合、まず開業するまでの資金繰りや物件の取得や経営計画、研修などが用意されています。

自分で開業するより時間と手間が多少かかりますが、リスクなく開業・経営をするためのノウハウを詰め込んでくれるため、開業後も安心して運営することができるのです。

フランチャイズで開業する場合の初期費用

フランチャイズでパン屋を開業する場合の開業初期費用の内訳をみていきます。

  • 加盟金など本部への支払い 300万円

  • 物件取得費 100万円

  • 改装・設備費 1000万円

  • 備品など 80万円

  • 広告宣伝費 15万円

  • そのほかの費用 35万円

  • 合計 約1600万円

規模によっても変わりますが、加盟金などフランチャイズ本部に支払うお金がかかっても、一から開業する場合とさほど大差はないでしょう。

もちろん、2000万円以上かかることもあるのでフランチャイズ本部に問合せてて見ることが重要です。

パン屋を開業・経営した場合の年収は300万円から

パン屋オーナーの年収相場は高いわけではありません。超人気店になれば1000万円以上は狙えるかもしれませんが、実際には年収300万円前後だといわれています。

パン屋の経営の目安は、「原価25〜30%、人件費30%〜35%、粗利益10%」程度。

ここからはそれらを想定した、パン屋オーナーの年収をシミュレーションしてみました。

  • 売上 3600万円(月300万円利上)

  • 賃貸料 180万円(月々15万円)

  • 原材料・雑費 1600万円

  • 水道高熱費 120万円

  • 広告宣伝費 120万円

  • 人件費1200万円(オーナー以外 従業員4名の場合)

  • 合計 3600万円-3220万円=380万円

年収を上げるためにはコンセプトや立地、品質、広告宣伝など、そういった方面でも努力する必要が出てくるのではないでしょうか。

パン屋を開業・経営する際に必要な資格

パン屋を開業するためには、「資格」の取得が必要になります。

必ず必要になる資格ともっていると便利な資格があるため、それらについて解説していきたいと思います。

食品衛生責任者

飲食店を開業する上で必要になるのが食品衛生責任者の資格です。

パン屋に限ったことではなく、飲食業をおこなうためには必須の資格です。

食品衛生責任者は、自治体ごとに主催されている食品責任者養成講習会に参加し、全6時間の講習を受けた後に小テストに合格した後、保健所へ提出することで取得できます。

保健所の営業許可

食品衛生責任者の資格を取得しただけではパン屋を開業することはできません。

その理由は、保健所の営業許可が必要だからです。

パン屋の内装などの終了10日前に営業申請書を提出し、出店場所を管轄する保健所の営業許可を得ないと開業はできないため、開業することが確定した段階で問合せてみましょう。

あると便利な資格

パン屋を開業するだけであれば、前述した2つの資格を取得できれば可能です。

しかし、パンにおける資格を取得しておくことで顧客の信頼を得ることができます。例えば、国家資格としてパン製造技能士。

そのほか、海外で修行したり何らかのコンテストの入賞経験があると強みとなります。一方、菓子パンを提供する場合は菓子製造許可の資格が必須となるので注意しておきましょう。

パン屋の開業で使える補助金

パン屋の開業は1500万円以上かかるなど、かなり高額です。

そのため、補助金を利用する方も少なくありません。パン屋の開業で使える補助金は大きくわけて3つあります。

  • 創業補助金

  • 小規模事業者持続化補助金

  • 分煙環境整備補助金制度

それぞれ解説していきたいと思います。

創業補助金

創業補助金は、何らかの創業をおこなう際に最大200万円までを補助してくれる制度です。

創業を目指す個人事業主・中小企業者・小規模事業者が対象者とされています。

小規模事業者持続化補助金

開業前ではなく、開業後に利用できる補助金が小規模事業者持続化補助金です。

広告宣伝費用を補助してもらえるもので、最大50万円まで補助してくれます。従業員が少人数いる事業者が対象とされています。

分煙環境整備補助金制度

分煙環境整備補助金制度は、その名の通り分煙化に必要な喫煙所の設置費用などをサポートしてくれる補助金です。東京都内の飲食店・宿泊施設が対象ですが、細かく規定が定められているので注意しましょう。

パン屋を開業・経営した際の失敗のリスク、デメリット

パン屋を開業できたら終わりではなく、そこからが本番です。

そのため、開業後の経営についてしっかりと計画を練っていないと廃業してしまうリスクがあります。

ここでは、パン屋を開業した際のリスク、デメリット、失敗事例を紹介していきましょう。

職人に依存してしまう

そもそも職人自体の数がそこまで多くなく、採用自体が難しい上に未経験の人を教育して職人にすることも手間がかかり現実的に難しい部分があります。

パン屋という事業の根幹を担う部分を職人がになってしまうと仮に職人が離職した際などにパン屋の運営が続けられないなどといった事態に至る可能性もあります。

集客ができない

どんなによいものを作っても、誰もそのお店を知らなければそのパンを廃棄せざるを得ません。

よいものを作ればきっと集客できる、そのうち口コミで広がる。

広告宣伝費を削った結果、集客が全くできず廃業するパン屋は数多くあります。

また、パン屋自体はブームであり新しい店舗がどんどんできるため、競合にお客さまを取られてしまうといった現象も宣伝不足で起こりえます。

集客ができないことは、パン屋経営において致命的なポイントといえるでしょう。

仕込みなど朝が早く労働が過酷

自店でパンを発酵させ、焼き、陳列して売るといったスタイルのパン屋はとにかく激務です。

深夜に出勤してパンを作り、それを売りさばいた後で片付けや売上の計算、さらに新商品の試作などパン漬けの毎日となります。

“パンが好き”といった気持ちは必要ですが、それ以上に過酷な労働に耐えられるモチベーションと体力をつけることも長期経営を続ける上での必須項目といえるでしょう。

失敗をせずパン屋を開業する方法

“パン屋は厳しい”。こういった現実を目の当たりにした方は、開業を諦めてしまいがちです。

しかし、どうしてもパン屋のオーナーになりたいといった強い気持ちを持っている方もいるでしょう。

そんな方のために、失敗をせずにパン屋を開業する方法を紹介します。

フランチャイズに加盟する

パン屋のフランチャイズに加盟し、フランチャイズとしてパン屋を開業する。

じつはパン屋をリスクなく開業・経営するには、この方法がもっとも適しています。研修からノウハウ、商品企画まで全てフランチャイズ本部がおこなってくれるため、オーナーは経営に集中することができるのです。

また、前述したようにパン屋は過酷といったイメージですが、冷凍パン生地を焼くだけで職人が不要なフランチャイズチェーンもあるなど、在庫リスクを軽減できる方法も選択可能です。

ブランド力による抜群の集客性、安定の経営を目指すならフランチャイズチェーンでパン屋を開業すべきでしょう。

スクールに通う

また、パン開業やパン自体の技術を高めるスクールに通うこともリスクを下げるひとつの方法です。

実家がパン屋で経営を若い頃から任されてきたという方以外、なかなかパン屋の全てを仕切った経験がある方はいないでしょう。

経営者目線でのパン屋、そして技術など、あらかじめ知識を入れてからの開業でも遅くはありません。

オススメのパン屋のフランチャイズ

安心してパン屋を開業するのであれば、やはりフランチャイズに加盟するのが一番です。ここでは、オススメのパン屋のフランチャイズをいくつか紹介します。

ぜひ、気になったパン屋のフランチャイズに問合せてみてはいかがでしょうか。

募集案件