出店ラッシュに沸くパン屋のフランチャイズ開業の実態とは?メリットデメリット、注意事項を解説。

国内におけるパン消費額がコメの消費額を超え、パンは今や国民食となりつつあります。高級食パンがブームになるなど、パン屋への注目度はますます高まっています。一方で競争が激しく、淘汰されるショップが多い一面も。失敗しないパン屋フランチャイズに開業について解説していきます。

アイキャッチ

パン屋のフランチャイズ開業に追い風!市場拡大が続く見通し。

日本国内のパン市場が拡大を続けています。2013年度には1兆4042億円の市場規模が、2019年度には1兆5786億円と毎年上昇を続けていました。

コロナの影響により2020年は減少したものの、回復後の2024年度には1兆6225億円まで拡大が見込まれる成長業界となっています。

日本のパンの消費量がコメの消費量を上回る

2011年の総務省「家計調査」で、一般家庭におけるパン消費額がコメ消費額を初めて上回りました。パン消費拡大の背景には、パン業界が品質向上に努めてきたことがあります。

パンの味は以前より格段においしくなりました。高品質の原材料を使い、調理技術も向上しました。欧米の方が食してもおいしいと評価するほど、日本のパンは品質を向上させているのです。

また消費者ニーズに応える多様なラインナップも、パン人気の理由です。総菜パン、菓子パン、サンドウィッチなどベーカリーや販売店では様々な種類のパンが販売され、消費者の嗜好や生活スタイルにマッチした商品が提供されています。

この品質とラインナップの向上が消費者から支持され、今ではコメを上回る国民食としてのポジションを担う存在になっています。

共働き夫婦の増加でおかずがいらない手軽に食べられるパン食が定番に

共働き夫婦の増加は、日本の食卓に変化をもたらしました。特に朝は外出や子供の準備で慌ただしくなり、朝食の調理に欠けられる時間が減少しています。この傾向は共働き世帯に顕著で、朝食メニューに対して「簡単に食べられる」「メニューを固定する」というニーズが高まっています。

パン食はこれらの消費者ニーズにとてもマッチした商品として、今や朝食の定番となっています。おかずがなくても食べられ、同じようなおかずでもパンの種類を変えることでマンネリを防げるなどの利点が支持されています。

コロナ禍においてもテイクアウト市場では需要拡大

コロナ禍によって成長を続けてきたパン市場も縮小を余儀なくされました。一方で、コロナによって飲食業界ではテイクアウト市場が急拡大する動きを見せています。

テイクアウト市場において、パンは「食べやすさ」「持ち運びやすさ」「保存性」などからテイクアウト商品の大きなウェイトを占めています。コロナ後もテイクアウト市場は成長が期待されていて、パンに対する需要はますます高まっていくと予測されています。

高級パンブームでパンの単価もアップしている

パン市場では高級パンブームが続いていて、パン単価のアップを後押ししています。

高級パンブームのきっかけは、2013年頃に始まった「高級食パンブーム」だと言われています。当時、食パン1斤100円前後の中、セブンイレブンから1斤250円の食パンが販売され、大人気となりました。

その後、大阪の「乃が美(のがみ)」や銀座「セントル ザ・ベーカリー」などの高級食パン専門店がオープンし、ブームが本格化しました。価格は2斤で1000円前後と高めなものの、ちょっとした高級感を求める消費者ニーズにマッチし、高級食パン専門店の出店が相次いでいます。

この高級食パンブームは他のパンにも広がりを見せ、「高級クロワッサン」や「高級バゲット」など現在の高級パンブームへと続いています。

パン屋のフランチャイズ店開業までの流れ

パン屋開業を思い立ったものの、パン屋での勤務経験が無かったり、経営に関するノウハウが不足しているのであれば、フランチャイズ店を開業するのが現実的な選択です。

ここではパン屋をフランチャイズ店で開業するまでの流れを解説していきます。

パン屋の業態を選択

まずはパン屋の業態を選びましょう。パン屋といってもその業態には様々な種類があります。

省スペースで地域密着型のパン屋を目指すのであれば「テイクアウトのみ」、多少広めのスペースで滞在型のパン屋ならば「イートイン」、機動性を活かして幅広い地域で販売するならキッチンカーによる「移動販売」など、対象とする顧客や地域を考慮して選ぶことが重要です。

自分がオーナーとしてどのようなパン屋を経営していきたいかを考え、お店のコンセプトをしっかりと作り上げていきましょう。

自分に合ったパン屋のフランチャイズブランドを選択

お店のコンセプトが作成できたら、フランチャイズ各社のモデルケースを比較・検討してください。

各社に「低予算で開業」や「知名度が高い」などの特徴があり、選択する会社で事業計画は変わってきます。どのようなパン屋を展開するかを考えて、フランチャイズ先を決めて下さい。

フランチャイズ本部の指示に従い、物件取得や設備導入などの開店準備を行う

フランチャイズ先を決めたら、担当者とともに開店準備を進めます。

まずはフランチャイズのビジネス方針を理解して、パン屋の運営方針や資金面について話し合います。もし考え方に食い違いがある場合は、子の後両社にとってダメージとならないよう、この段階ですり合わせてください。

運営方針に一致できたら、営業エリアおよび物件候補の選定に入ります。多くのフランチャイズには独自の市場調査ノウハウがあるので、調査データを参考にしながら担当者と相談しながら出店場所を決めていきます。

出店場所は一度決めてしまうと、後からの変更は多額の費用を伴います。また出店場所は売上に多大な影響を及ぼします。可能な限り調査データを集めて、自分が納得できる出店場所を選んでください。

出店場所が決まれば、具体的な事業計画を作成しフランチャイズ先での最終審査に入ります。この最終審査にパスすれば、フランチャイズとして正式に加盟となります。

加盟手続きが完了すれば、物件を取得して内外装工事、厨房設備導入など店舗の準備に入ります。その間にパンの調理や販売、店舗運営についての研修を受けながら、必要な許認可申請も進めます。

おおよそ、フランチャイズ加盟後、1~3カ月程度で開店となります。

同時にパン屋の開業に必要な資格を取得する必要がある

パン屋を開業するには、「菓子製造業許可」および「飲食店営業許可」が必要になります。

「菓子製造業許可」はパンを製造販売する際に、食品の安全性を守るためのもので、保健所が審査して都道府県知事が発行します。許可を得るためにはお店ごとに食品衛生責任者が必要です。

食品衛生責任者は、各都道府県の食品衛生協会主催の講義を約6時間受講すれば取得できます。受講費用は約1万円です。

「飲食店営業許可」は飲食店を営業する際に必要で、申請の流れは「菓子製造許可」と近いものになります。

パン屋の営業形態によって必要な許可は、以下の通りです。

・テイクアウト販売のみ

 「菓子製造業許可」

・テイクアウト+イートイン

 「菓子製造業許可」+「飲食店営業許可」

なお、2021年6月1日施行の食品衛生法改正により、「調理パンの製造」と「パンと一緒にドリンクの提供」が「菓子製造業許可」のみでできるようになりました。詳しくは自治体のHPなどを参考にしてください。

座席数によっては「防火管理者」も必要

飲食スペースの座席数が30人以上の場合は、「防火管理者」の設置が必要です。

「防火管理者」とは火災等からの被害を防止するため、消防計画の作成や防火管理の責任者です。市町村の消防署や日本防火・防災協会にて1~2日受講すれば、防火管理者資格を取得できます。

パン屋をフランチャイズで開業する際に必要な資金

パン屋はフランチャイズによって商品構成が変わり、必要な厨房機器も違ってきます。提供する商品によっては高額の厨房機器を導入する必要があり、各社によって開業資金は大きく異なります。加盟を決める前に担当者としっかり打ち合わせして下さい。

パン屋フランチャイズの開業資金の相場は2,500万円

店舗販売型のパン屋フランチャイズの場合、開業資金の相場は2000~3000万円になります。これには物件取得費が含まれていませんので、実際にはここから400~600万円ほど加わります。

これらのフランチャイズは、「知名度が高い」「豊富なラインナップ」「高品質な商品」がセールスポイントとなっているため、内外装費や厨房設備が高額となっています。

移動販売型のパン屋フランチャイズは、開業資金の相場が500~700万円になります。このうち、300~500万円はキッチンカーの取得と改装費用です。なかにはキッチンカーをリースしてくれるフランチャイズもあり、開業資金を大きく抑えられる場合もあります。

本部に支払うロイヤリティの相場は1~3%

ロイヤリティは大きく分けて変動制と定額制の2種類があります。変動制の相場は売上の1~3%、定額制の相場は1~10万円となっています。

フランチャイズごとにロイヤリティの設定方法が大きく異なります。開業店舗の大きさや立地によっても変動しますし、提案内容によってはフランチャイズと金額交渉も可能な場合が多くなっています。

パン屋のフランチャイズオーナーの平均年収

パン屋のフランチャイズオーナーの年収は、450~500万円程度と言われています。独立開業したパン屋の平均年収は約350万円と言われていますので、独立開業よりは高めの平均年収と考えられます。

鎌倉ベーカリーでは月商900万円のモデルケースを公開しています。

月商 900万円

経費 772万2千円

ライセンスフィー 15万円(1.7%固定)

月間営業利益 112万8千円

初期投資額 1410万円

想定年収

 初期投資回収期間3年 約880万円

 初期投資回収期間5年 約1070万円

初期投資を回収する期間によりますが、長期間の経営ができれば年収1000万円を超えることも可能になります。

パン屋をフランチャイズで開業するメリット

パン屋のフランチャイズには、独立開業店にはないメリットがあります。このメリットを活かせば、調達資金やパン屋経験の少なさをカバーできます。メリットをしっかりと把握して、フランチャイズ選択の参考にしましょう。

リピート客を増やしやすい

パンは日本の主食として、その地位をますます強めています。特に朝食においては時短の追い風もあり、パンの定番化がますます進んでいます。

パン朝食が定番化した家庭では、前日にパンを購入して朝食に提供するスタイルが定着しています。購入する店舗もほぼ固定されていて、一度お店のファンとして獲得できた顧客は、非常に高い頻度での購入が期待されます。

移動型販売からカフェスタイルまで予算に合わせて開業できる

パン屋フランチャイズには移動型販売からカフェスタイルまで、多くの業態があります。業態によって開業資金が大きく異なりますので、予算に合わせた開業が可能です。開業資金の主な例は以下の通りです。

□店舗型販売 鎌倉ベーカリーの場合

 FC加盟金 300万円

 FC保証金 100万円

 物件保証金 150万円

 物件取得費 60万円

 内装工事費 800万円

 厨房施設 リースのため0円

 備品開業準備費 100万円

 合計 1510万円

□移動型販売 あげパン屋の場合

 加盟金 50万円

 消耗備品費 20万8250円

 収入印紙 4000円

 ロイヤリティ 3万円

 リース料 7万円

 合計 81万2250円

未経験者でもパン屋のフランチャイズは開業できるケースが多い

独立開業のパン屋では店舗にて生地からパン作りするため、オーナーや熟練パン職人による調理が必要となります。

しかし、パン屋フランチャイズの中には冷凍生地を本部から配送し、店舗にてオーブンで焼くシステムの会社があります。このシステムであれば店舗で一から生地をつくる必要がないため、熟練のパン職人でなくても調理できます。アルバイトスタッフを確保できれば、オーナーが毎朝出勤してパンを焼く必要はありません。

朝が早くない

朝はパン屋にとって重要な販売時間帯です。フランチャイズではなく独立開業でその時間帯までに焼きたてのパンを準備するためには、毎朝4時起きで調理するスタッフが必要となります。また調理や接客は立ち仕事のため、かなりの体力的負担となります。
一方でフランチャイズの場合冷凍生地が本部から送られてくるケースがほとんどなため、朝早く起きて仕込みをする必要は無くなります。

パン屋をフランチャイズで開業するデメリット

パン屋のフランチャイズ開業はメリットが多いですが、一方でデメリットもあります。デメリットを知ることでフランチャイズの特性を理解し、納得できるフランチャイズを選択してください。

オーブンなど初期設備費用が高額になり、利益回収までに時間がかかる

フランチャイズによっては高品質なパンを提供するため、高額な厨房設備が必要となる場合があります。また、店舗内外装工事や広告宣伝方法が指定されることもあり、初期投資がかなり高額になるケースがあります。そのため資金調達が難しくなったり、利益回収までに時間がかかるなどの事態が発生します。

この他にも調達原材料が指定されるなど、オーナーの一存だけではコストダウンができない点を認識しておきましょう。

近所に競合店ができても移店は難しい

「高級食パン専門店」をはじめとしてパン屋の出店ラッシュが続いています。開業して固定客が着いたとしても、競合店が近くにできれば顧客獲得競争が起きます。

フランチャイズは開業エリアや出店場所の規約があるため、何かしらの問題が起きても簡単に移転はできません。競合店の出店については事前に情報を把握することはまず不可能です。出店予定地の近辺に競合店がなくても、ある程度の出店あることを想定した事業計画を立案しておきましょう。

パン屋のフランチャイズ経営で失敗しないために!見逃せないポイント

フランチャイズ店では、販売や運営の基本方針は本部に従うのが原則です。本部はフランチャイズ全体を考えた施策を指示しますので、各オーナーの意向に沿った運営ができるとは限りません。

フランチャイズ店だからこその見逃せないポイントを紹介します。

本部都合によりインターネット販売もするよう指示されることもある

販売する商品や手法についてはチェーン店でサービスを統一するため、本部によって決定がなされます。急遽本部がインターネット販売を指示して、知識や人員の不足により店舗オペレーションが混乱するような場合もあります。

オーナーとしては新たな販売方法を必要としていなくても、その要望を本部が聞き入れることはほとんどありません。

重要な意思決定が本部のみで行われることは、事前に認識しておきましょう。

厨房機器一式のレンタルやリースがあるフランチャイズも

新規開業で失敗するケースに、初期投資が高額になり借入金返済ができなくなることがあります。事業計画の売上はあくまで見込みであり、実際には開業してみないと分からないのが実情です。

レンタルやリースを利用すれば初期投資を大きく抑えられ、借入金返済のリスクを小さくできます。開業資金の調達・返済に不安がある場合は、レンタルやリースを提供しているフランチャイズを選ぶのも一つの方法です。

違約金や契約途中解除の条件など訳あって閉店する時のことも考えておく

フランチャイズに加盟後は、閉店にはペナルティを伴うケースがあります。

フランチャイズでは契約時に一定期間の営業が義務付けられ、オーナーの意思で閉店する場合は違約金が発生します。売上不振、人手不足、オーナーの健康問題など、様々な状況によって閉店を考えるケースが発生するかもしれません。

どうしても閉店する時に違約金などの定めがあれば、追加で費用を準備しなければなりません。万が一契約期間中に閉店する場合、どのようなペナルティ条件があるかはしっかりと把握しておきましょう。

フランチャイズで実現できるパン屋開業!人気の6ブランドの紹介!

パン屋には多くのフランチャイズがあります。それぞれの会社に商品や販売形態の特徴があります。ここではパン屋フランチャイズの中で、人気や注目を集めている6ブランドを紹介します。

パン業界大手アンデルセングループが運営「マーメイドベーカリーパートナーズ」

「リトルマーメイド」「カフェデンマーク」「マーメイドカフェ」「デニッシュバー」の4ブランドを展開する人気のパン屋グループです。

工場で生産した冷凍パン生地を店舗で焼く「ベイクオフ」によって、店舗スタッフが未経験者でも焼きたてパンを提供できるシステムを構築しています。

高い知名度と豊富なラインアップで人気が高く、海外も含め約300店を展開しています。

開業にあたっては市場調査、店舗プラン、研修、トレーニングなどのサポートを専任担当者がフォローします。

カフェ業界大手プロントコーポレーションが運営「ブリオッシュドーレ」

フランスで最も親しまれているベーカリーカフェで、全世界で461店舗展開しています。

日本ではプロントコーポレーションが運営し、上質な発酵バターと香り高いフランス産小麦を使用し、フランス国家最優秀パン職人が考案したパン生地をお店で焼き上げるのが特徴です。

開店までに店舗運営に必要な研修プログラムを準備していて、スーパーバイザーによるサポート体制も完備しています。

ホリエモン考案!アプリ注文決済による完全非接触販売「小麦の奴隷」

ホリエモンこと堀江貴文氏が考案した、新地方活性型ベーカリーです。

良質の小麦を使用した「冷凍パン」を使用することで、パン屋経験がない人でも店舗運営できる仕組みを構築しています。

専用アプリを使用した注文決済システムで店員と接触することなく購入ができ、プッシュ通知を利用したプロモーションでリピーターの囲い込みを図っています。

全国で15店舗(2021年10月1日現在)展開し、今後も出店ラッシュが見込まれています。

感動のこだわり100円ぱん「京都伊三郎製ぱん」

安くて品質にこだわった100円ぱんを提供し、安さと豊富なラインナップで人気を博しています。

店頭ではレギュラーメニュー約100種類と季節メニュー約50種類を展開し、セントラルキッチンから届いたパン生地を店舗で成形してから焼き上げています。

約50店舗を展開し、九州と関西地域に集中して出店しています。地域で愛されるパン屋を目指していて、高い集客力により人通りの少ない立地でも月商1700万円に達した店舗もあります。

なつかしの給食の揚げパンをテーマにした移動販売「あげぱん屋」

昭和30~50年代の給食をテーマに、様々な味の揚げパンを移動販売しています。

開業資金が少なくて済むのが特徴で、80万円程度で開業できるプランも設定しています。

販売は中古軽自動車を改造した8ナンバー加工車で行います。主力商品を揚げパンに絞っていることとおいしさが持続する調理法で、機会損失や食品ロスを防止しています。

商品原価が低めなので、売上を伸ばせば高い収益性を期待できます。

研修たった2週間でパン職人に!コンピュータ制御による効率化で早起き不要の食パン専門店「一本堂」

焼きたて食パン専門店で、全国約130店舗を展開しています。

高品質の食材にこだわり、仕込みから焼き上げ、販売を店舗で一貫して行っています。

初期投資は2500~4000万円と高めですが、営業利益率が20%と他のパン屋よりかなり高くなっています。

商品を食パンに絞り込むこととコンピュータシステム制御を導入することで、未経験者でも1カ月程度で製造できる仕組みを作り上げています。作業工程が効率化されていて出勤はオープン2時間前で問題なく、早起き不要の労働環境が確保できます。

パン屋のフランチャイズ選びは慎重に

フランチャイズ選びは人生を大きく左右する重要な選択です。
パン屋のフランチャイズを選ぶ際は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてご自身でしっかりと検討してください。

フランチャイズハジメルくんではパティシエパンという、職人不要、朝早くからの仕込み不要、初期費用500万円~で開業可能なパン屋のフランチャイズをご紹介しています。
ぜひ気になった方は詳細を確認して見てください。

募集案件