必ず確実に儲かるフランチャイズはあるのか?儲かるフランチャイズの見分け方を紹介!

フランチャイズで開業してみたいが、儲かるか不安。そのため、“必ず儲かる!”というフランチャイズを選びたいと思う人ばかりです。しかし儲かるフランチャイズなどあるのでしょうか。ここでは儲かるフランチャイズの見分け方をわかりやすく解説しています。

アイキャッチ

必ず儲かるフランチャイズは存在しない

フランチャイズは儲かるのか。フランチャイズ加盟を検討されている方であれば、誰もが気になっている部分かもしれません。たしかにメディアは一部の儲けているフランチャイズオーナーを取り上げますが、「フランチャイズ=儲かる」というわけではありません。

まずここからは、フランチャイズの現実についてお伝えしていきます。

あくまで事業であり、リスクは存在する

フランチャイズは、あくまで事業です。

100%黒字が保証されているわけではなく、場合によっては赤字になったり廃業するなどリスクを抱えることになります。

例えば、コンビニがない地域にいち早くコンビニを開店させれば儲かるかもしれません。

しかし、翌年によりよいお店ができれば売上は下がり、さらに近年にコンビニの出店が相次げば廃業する可能性が出てきます。

必ず儲かるフランチャイズは存在せず、あくまで「事業」であることを認識しておく必要があるでしょう。

成功確度の高い、儲かりやすいフランチャイズは存在する

“リスクが高いのであればフランチャイズに手を出さない方がいいのか…”と思ってしまった方もいるかもしれません。

フランチャイズは事業なのでリスクはありますが、“絶対に儲からない”というわけではないので安心してください。

そもそもフランチャイズと一口でいってもその種類は豊富であり、中には成功の確率が高く、儲かりやすいフランチャイズも存在しているのです。

“どうしてもこの業態に挑戦したい”という方は別ですが、しっかりと利益を得ることを考えている方は成功確度の高いフランチャイズを選ぶことをおすすめします。

フランチャイズに加盟して儲かっている企業の事例

ここからは、実際にフランチャイズに加盟したことで儲けを出している企業を紹介していきます。

株式会社フジタコーポレーション

株式会社フジタコーポレーションは、メガフランチャイジーの中でもとくに有名な企業です。

フジタコーポレーションと聞いてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、ミスタードーナツや牛角など数多くフランチャイズに加盟している大企業のひとつです。

株式会社ダスキンの経営理念などに感銘を受け、1978年に北海道苫小牧市にミスタードーナツ苫小牧ショップをオープン。

その成功からほかのフランチャイズへの加盟を進めた結果、2019年3月現在で75店舗を運営するメガフランチャイジーに成長しました。

現在もミスタードーナツやドトールコーヒー、セリア生活良品などは生活に密着したフランチャイズに加盟するなど、集客力の強いフランチャイズに加盟して成長を続けています。

株式会社G-7ホールディングス

フランチャイズで成功した企業のひとつが、神戸市須磨区に本社を置く持株会社が、株式会社G-7ホールディングスです。

「オートセブン加古川店」として創業された同社は、もともとオートバックスのフランチャイジー。

2002年からは子会社として株式会社サンセブンを設立し、「業務スーパー」のフランチャイジーとなります。

現在は、オートバックス事業を展開する「G-7・オート・サービス」、業務スーパーを展開する「G-7スーパーマート」などを傘下に持ち、各業種へ進出。

ドミナント出店が特徴の「miniピアゴ」の店舗を取得しており、さらに成長を続けています。

株式会社ありがとうサービス

愛媛県今治市に本社を置く、株式会社ありがとうサービス。

愛媛発メガフランチャイジーとして知られており、3つの事業を軸に大きな利益を得ている東証JASDAQ(スタンダード) に上場するメガフランチャイジーです。

リユース事業では(株)ハードオフコーポレーションとブックオフコーポレーション(株)のフランチャイジーとして。

フードサービス事業では、モスバーガーや俺のフレンチ・イタリアン松山三越裏、トマト&オニオン、大戸屋ごはん処などの有名フランチャイズに加盟しています。

また、「馳走家とり壱」や「伊予のとり姫」など、独自開発された業態を運営していることから、ユニークな企業としても有名です。

フランチャイズ加盟での成功はもちろん、「指定管理事業」として温浴施設・⽣産者直売所を運営するなど、手広い経営で成功を収めています。

フランチャイズに加盟して儲かっている個人の事例

儲かるフランチャイズを運営している企業についてお伝えしてきました。一方、フランチャイズに個人が加盟して儲かっている事例も多数存在します。ここからは、フランチャイズに加盟して儲かっている個人の事例についてお伝えしていきましょう。

低リスクで始められる唐揚げ屋やクリーニング系のフランチャイズ

フランチャイズで儲けている個人の多くが、低リスクで始められる業種を選んでいる傾向にあります。

例えば、近年多く見られるようになった唐揚げ屋やクリーニング系のフランチャイズがそれに当たります。

唐揚げ屋は最低限の店舗の広さとフライヤー、少人数で回すことができるほか、メニューも基本とり肉を取扱うだけなので原材料費もかかりません。利益率も高いでしょう。

クリーニング系も共働き世代が増えたり、とくに大規模な設備などが必要ないため初心者でもスタートしやすいといったメリットがあります。

初期費用を抑えることで回収も早まる上にランニングコストも少なくてすむフランチャイズは、個人にはおすすめといえるでしょう。

副業でも始められる代理店系のフランチャイズ

フランチャイズに加盟する個人が儲けている事例として、代理店系に関連するものが多く見受けられます。

在庫を抱える必要がなかったり自分が実際に店頭などに立つわけではないため、副業として手軽に初めて儲けを得ている方もいます。

脱サラしてゼロからフランチャイズにチャレンジするわけではなく、本業とうまく組み合わせて収入を得たい方にもおすすめのフランチャイズといえるでしょう。

儲かるフランチャイズの特徴

儲けているフランチャイズの企業や個人についてお伝えしてきました。ここからは、儲かるフランチャイズの特徴をより具体的にお伝えしていきたいと思います。

ビジネス自体が比較的新しく新規参入や競合が少ない

今までにないビジネスというのはリスクがありますが、そのビジネスが徹底して考え抜かれたフランチャイズのものであれば成功の可能性が出てきます。

フランチャイズにおける新しいビジネスというのは、ほぼ競合がおらず、新規参入も少ないため顧客の獲得が独占的にできるメリットがあります。

あまりに斬新過ぎるサービスは失敗の可能性がありますが、多くの人が求めていた新しいサービスであれば儲かる可能性は出てくるでしょう。

補助金ビジネス

フランチャイズの中には、グループホームの開設時に補助金を得られるようなものも少なくありません。

医療関係など国から補助金が出るようなフランチャイズの場合、リスクを大きく減らせるため儲かるフランチャイズといってもよいのではないでしょうか。

市場自体が伸びている

フランチャイズに限らず、やはり市場自体が伸びている元気のある業態での事業は儲けを出すための方法といえます。

例えば、一時期ブームになったものの市場自体が下降気味のフランチャイズに手を出しても失敗は目に見えています。

フランチャイズは自分勝手に提供するサービスなどを変化させられないため、やはりこれから間違いなく伸びる業態や伸び盛りの業態に加盟するのが成功の鉄則です。

伸び盛りのフランチャイズであれば新しい企画や新商品が投入されたり、爆発的な売上を得られる可能性もあります。

ドミナント戦略を採用しない

コンビニエンスストアに代表される、ドミナント戦略。

フランチャイズを運営する側によっては良策になり得る可能性があるものの、フランチャイズオーナーにとっては死活問題になり得る難しい戦略です。

ドミナント戦略とは、簡単にいえばひとつの地域に集中してチェーン店を出店させ、その地域を支配するような意味を持っている戦略。道路を挟んだだけなのに、双方に同じフランチャイズ店舗があるようなかたちです。

人口密度の多い東京23区の都心部であれば別ですが、一般的にはお客さまが分散するため一店舗あたりの売上は下がっていきます。

ドミナント戦略を徹底したフランチャイズの場合、どんなにその地域で売上を上げていてもほかの店舗の出店を防ぐことができず、売上が減少します。

儲かることを目的にフランチャイズに加盟するのであれば、ドミナント戦略のないフランチャイズを選ぶべきでしょう。

フランチャイズ選びは自己責任で慎重に行うべき

フランチャイズ選びは、基本的にはその人の自由です。しかし、選択さえ間違っていなければ儲かっていた…ということも少なくありません。

フランチャイズ選びのプロが親身になってアドバイスしてくれる、という機会もそうないでしょう。

フランチャイズ選びは、自己責任だからこそ慎重に行うべき。ぜひ、今記事を参考に儲かるフランチャイズ選びを検討してみてはいかがでしょうか。

募集案件