フランチャイズのメリットやデメリットは?リスク低く開業できる理由や企業側の利点も!

独立して自分の店を持つ人の多くはフランチャイズに加盟を検討しています。しかし、どうして多くの人がフランチャイズに加盟するという選択を取るのでしょうか?ここではフランチャイズの基本的なシステムとフランチャイズに加盟するメリット・デメリット、さらにフランチャイズを展開する企業にとってのメリット・デメリットを紹介します。

アイキャッチ

フランチャイズという仕組みのメリット・デメリット

フランチャイズに加盟するオーナーのことを「フランチャイジー」、フランチャイズ展開する企業のことを「フランチャイザー」と言います。日本では「セブンイレブン」や「ローソン」などといったコンビニエンスストアや、弁当店の「ほっともっと」、ラーメン店の「らあめん花月嵐」など、様々な業種でフランチャイズチェーンが展開されています。

なぜこうしたフランチャイズチェーンに加盟する人が多いのでしょうか。またフランチャイズ加盟店を募集する企業が多いのでしょうか?フランチャイザー、フランチャイジーの両者の観点からメリット・デメリットをご紹介していきます。

フランチャイジー・加盟者側のメリット

フランチャイズに加盟するメリットは、大きく分けて5つあります。まずはその一つ一つをしっかりと把握しておきましょう。

メリット①ブランドの知名度が利用可能

フランチャイズに加盟する最大のメリットは、そのブランドが今まで時間をかけて作り上げてきた知名度をそのまま生かすことができるということです。自分でイチから店をオープンした場合、まずは店を知ってもらうところから始めなければいけません。また、沢山のお客さんが来てくれたとしても、リピートに繋がらなければ安定した経営を行うことはできません。

一方、既に名前が知られているフランチャイズであれば、そうした知名度づくりやリピート客づくりの手間をある程度省くことができます。店を知っている顧客が多ければ多いほど、リピート客が多ければ多いほど経営は安定するため、既に高い知名度を作り上げているフランチャイズに加盟することは店舗経営において非常に大きなメリットであると言えます。

メリット②すでに企業にあるノウハウが生かせる

店舗の経営で必要となるオペレーションのノウハウが作り上げられているという点も、フランチャイズに加盟するメリットです。必要となるスタッフは何名か、それぞれのスタッフにどのようなことをやってもらうか、どのように教育するか、仕入れや商品管理はどのように行うのか、フランチャイズに加盟すれば、そうした経営ノウハウを本部から提供してもらうことができます。

個人で経営している店舗の多くはオーナーが長い時間をかけて経営ノウハウを作り上げていますが、失敗する人も非常に多いのが現実です。フラチャイザーがしっかりと作り込んだ経営ノウハウをそのまま使えるというのは、フランチャイズならではのメリットと言えるでしょう。

メリット③未経験でもリスク低く参入が可能

未経験の業種・業態のビジネスであってもすぐに参入できるというのも、フランチャイズならではメリットと言えるでしょう。

オーナー自身がその業種・業態について詳しい知識を持っていなくても、フランチャイザーがしっかりとノウハウを持っているため、オーナー自身が業界の専門家である必要はありません。
もちろん、しっかりと業界の知識を学んだ上で店舗を出すのが一番ですが、フランチャイズに加盟して経営ノウハウを提供してもらうことで、自分でイチから業界について学ぶ時間を削減することができます。

メリット④金銭的な援助が受けやすい

フランチャイズに加盟するメリットの4つ目は、金融機関からの融資など金銭的な援助を受けやすいことです。フランチャイズに加盟せずに店をオープンさせる場合、既に他の店舗を出店しているオーナー等でない限り、多額の自己資金が必要になります。万が一店の経営が危うくなった場合や経営の将来性など、金融機関にとっての見通しが効かないためです。

一方、フランチャイズに加盟して店を出す場合は、フランチャイザーや他のオーナーの経営状況などを参考にできるため、融資金額も高くなりやすい傾向にあります。資金面での悩みを軽減して経営に専念しやすいというのも、フランチャイズに加盟するメリットと言えます。

メリット⑤集客などマーケティングを企業がサポート

物件選びやマーケティングについてもフランチャイザーからサポートを受けられることも、フランチャイズに加盟するメリットの一つです。どんなに人気のコンビニであっても、すぐ隣に別のコンビニがあったら客の取り合いになってしまいます。

そうしたことがないように、他のオーナーの店舗や競合他店の状況を把握しながらフランチャイザーが経営をサポートしてくれます。

フランチャイジー・加盟者側のデメリット

フランチャイズに加盟する5つのメリットを紹介しましたが、フランチャイズならではのデメリットも存在します。「知らなかった」では済まされないフランチャイジーのデメリットも正確に把握しましょう。

デメリット①加盟金、ロイヤリティがかかる場合がある

フランチャイズに加盟するには一定のお金をフランチャイザーに支払う必要があります。例えば、加盟時に必要となる「加盟金」や、月々の売上から一定の金額を支払う「ロイヤリティ」です。

最近では加盟金やロイヤリティがないフランチャイズも増えてきましたが、「当初の想定よりも売り上げが伸びずロイヤリティが支払えない」といったトラブルになるケースも少なくないため、加盟金やロイヤリティなどの金額に関する内容は細かくチェックする必要があります。

デメリット②契約期間が定められている

フランチャイズには一定の契約期間が設けられていることもあるので、忘れずに確認するようにしましょう。契約期間に満たない状況でフランチャイズ契約を破棄しようとした場合、違約金がかかるケースもあります。経営不振からフランチャイズ契約を見直したい場合はおろか、身内の不幸等オーナー個人の事情で急に住まいを変えたい等の事態が起きた場合でも、契約期間に達していないため解約できないというケースに陥ることもあり得ます。

自分一人でオープンした店であれば撤退するのも自分一人で決められますが、フランチャイズに加盟することで「自分だけの店」ではなくなることも理解しておきましょう。

デメリット③商品の仕入れなどに制限がかかる場合も

フランチャイズに加盟した場合、商品の仕入れや陳列などに一定の制限がかかる場合があります。例えば、クリスマスの時期には必ず一定のクリスマスケーキを仕入れなければならない等、ブランド全体の販売戦略に準ずる必要があるためです。

もちろん、フランチャイザー側がしっかりとマーケティングした上で指示するものなので、悪い意味での制限ばかりではありませんが、フランチャイズに加盟した場合はオーナーであっても店の全てを自由に決定することはできなくなるというデメリットがあります。

フランチャイザー・フランチャイズを提供する企業のメリット

フランチャイズシステムはフランチャイザーにとってどんなメリットがあるのでしょうか。ここからはフランチャイザー側のメリット・デメリットについて簡単に紹介していきます。

店舗展開を急速にリスクなく行うことができる

店舗を展開するには物件の取得費用やスタッフ集めなどの手間が必要となります。全てを自社で行おうとすれば多額の資金と準備期間が必要になりますが、フランチャイジーを募集することでそうした課題を解決することができるのです。

市場を一気に刈り取ることができる

急速に多店舗展開をすることで、市場を一気に押さえ込むことにも繋がります。市場のシェアを獲得すればさらに安定した経営を行うことができるので、特に新興ビジネスの場合は市場のシェアを獲得することが必須の課題となります。そうした意味で、フランチャイジーを募集することは市場を掴むための仲間を集めるということでもあるのです。

キャッシュフローがよくなる

フランチャイザーはフランチャイジーが増えれば増えるほど、加盟金やロイヤリティによる収益が高くなります。フランチャイザーとは、自分が作り上げたブランドの知名度や経営ノウハウを他のオーナーに提供することでその対価として収益を得る経営モデルなので、加盟するフランチャイジーが増えなければキャッシュフローも良くならないのです。

フランチャイザー・フランチャイズを提供する企業のデメリット

フランチャイザーにとってもデメリットがいくつかあります。ここでは3つのデメリットを紹介します。

ブランド棄損の可能性

フランチャイズにとって最も大切なのは、ブランドの維持です。自社で作り上げたブランドが素晴らしいものであっても、それをフランチャイズ展開することで、ブランドのコントロールが効かなくなる可能性も出てきます。

例えば、フランチャイジーが独自の判断でブランドを壊すような経営をしてしまうと、他の店舗やブランド全体への評判にも影響が出てしまう可能性があります。全て自社で経営していればコントロールはしやすいですが、フランチャイジーに経営を任せることで、コントロールが効きにくい状況も出てしまいます。

フランチャイズ本部としての利益の幅が薄くなる

フランチャイズ本部であるフランチャイザーが直接店舗を経営した場合、その店の利益が全て会社としての利益になります。一方、店舗の経営をフランチャイジーが行った場合、フランチャイジーの利益はロイヤリティなど収益の一部のみとなります。つまり、フランチャイザーにとっては、直営店よりもフランチャイズ展開した方が一店舗あたりの利益幅は薄くなってしまいます。

加盟店開発、SV、加盟店のマネジメントにもコストがかかる

フランチャイズ店舗の経営はフランチャイジーが行いますが、フランチャイザーも何もしないというわけではありません。加盟する店舗のサポートやマネジメント、さらなる集客力の強化やブランド力の向上など、フランチャイザーの仕事に終わりはありません。

フランチャイザーの仕事とは、フランチャイジーがより儲かるための施策を行うことと言っても過言ではありません。加盟店舗が増えれば増えるほどそうした業務も増えるため、それにかかるコストも高まっていきます。フランチャイザーにとっても安易な加盟店の増大はリスクになるのです。

リスク低くはじめられるおすすめのフランチャイズ

フランチャイズでの出店リスクを低くするには、開業資金の低いものから探すのがオススメです。店舗を必要としない「無店舗型」や、オーナー一人で経営できるビジネスモデルからはじめてみるのもいいでしょう。ハウスクリーニング系のフランチャイズならば、無店舗での開業モデルも多いのでオススメです。

フランチャイズビジネスの利点を活用!

フランチャイズシステムは、フランチャイザーとフランチャイジーそれぞれにメリット・デメリットがあります。

しかし、フランチャイジーの立場から見れば、一定のロイヤリティを支払う代わりに、経営に係る様々なサポートをしてもらえる他、専門的な知識不要でスピーディに出店できるという大きなメリットがあります。これからフランチャイズへの加盟を検討する人は、今回紹介したフランチャイズビジネスの利点をしっかりと理解した上で検討してみてください。

募集案件