ハウスクリーニングを開業するのに必要な知識とは?開業資金・資格・準備に必要なものを解説

ハウスクリーニング経営は個人でも気軽に開業できるという特徴がある一方で、競合が多い地域や需要のない地域で開業してしまい失敗するという事例も数多くあります。この記事ではそうした失敗をしないために必要な知識や、開業のために必要な道具や初期費用、年収例、おすすめのフランチャイズなど、ハウスクリーニングを開業するために知っておくべき知識を解説します。

アイキャッチ

個人でも低リスクで開業可能なハウスクリーニング

フローリングやカーペットなどの洗浄や、キッチン・お風呂・トイレなどの水回りの洗浄をきれいにするハウスクリーニングサービスは近年成長し続けている市場です。

特に、コロナ禍において掃除代行需要が拡大しており、今後も成長が期待できる有望な市場となっています。

では、そうした将来性のあるハウスクリーニングにおいて開業をする場合にはどれぐらいの初期費用を用意する必要があり、どれぐらいの年収を獲得できる見込みがあるのでしょうか。また、ハウスクリーニング経営にはどのようなメリットや開業の際に気を付けるべき点にはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事ではそうしたハウスクリーニングを開業するにあたって知っておくべき知識を解説します。

ハウスクリーニングの開業資金、経営・運営にかかる費用、必要なもの

ハウスクリーニングを開業する際には、クリーニングの中でもどこに力を入れるのかなどのお店のテーマを考えたり、クリーニング用品を揃えたり、チラシ・広告を作って宣伝をしたり、人を雇うなどをしておく必要があります。

ここではそうしたハウスクリーニングの開業にあたって必要なものについて解説します。

クリーニング設備・備品  

ハウスクリーニングを開業する際に必要となるクリーニング用品と金額の目安は次の通りです。

開業に必要なクリーニング用品金額の目安
アルカリ性洗剤10,000円(20kg)
次亜塩素酸ナトリウム(カビ取り・漂白用)4,000円(20kg)
トイレ用洗剤1,500円
ワックス5,000円(5リットル)
シャワーホース3,000円
バケツ100円
ブラシ100円
モップ用シート1,400円
ワックス用モップの柄4,200円
スポンジ(銀のラメ入り)100円
メラミンスポンジ1,000円
マイクロファイバータオル(36枚入り)2,700円
シャンパー(窓ふき用タオル)1,200円
スクイジー1,300円
掃除機(サイクロン式)4,000円
噴霧器1,200円
長靴1,700円

これらを合計すると、開業にあたって揃えておくハウスクリーニング用品は42,500円となります。

それぞれの道具がどれぐらい持つかはもちろんお客さんの数によって変わりますが、おおむね半年程度は持つと考えてよいでしょう。その場合、ハウスクリーニングの運営にかかる費用はだいたい7000円~8000円程度になります。

また、これらの備品以外にもお客さんのところまでいく車や、店舗を用意する場合は物件取得費がかかります。

ただし、ハウスクリーニング業は店舗にお客さんを呼んでサービスを提供するわけではないため、自宅を店舗代わりにすることもできます。その場合は、物件取得費はかかりません。

また、車に関しては掃除道具などですぐに汚れてしまうので、新車を用意する必要はありません。そのため、中古で購入すれば80万円程度に抑えることができます。

チラシ・広告

開業した段階でお客さんを集められるかどうかがハウスクリーニング経営の成否を分けるポイントとなります。

そのため、開業前後ではビラ配りやHPの作成などの費用を用意しておく必要があります。

このチラシや広告にかかる費用としては20万程度が目安となります。

ただし、経営が軌道に乗ってきてある程度固定的なお客さんが獲得できるようになれば、広告費は月に5万円程度で十分となります。

人件費

ハウスクリーニングのサービスは1人でも提供することができます。そのため、開業した直後のお客さんがまだ少ない段階では人を雇う必要はありません。

そのため、ハウスクリーニング経営の初期段階では人件費はかかりません。

ただし、お客さんが増えてきて予約でいっぱいで対応できないというケースが出てきた場合には、人を増やす必要が出てきます。

その場合には、アルバイトを雇う場合であれば月に15万円、社員として雇用する場合には25万円程度の人件費がかかります。

ハウスクリーニングの経営者の年収は500万円以上

ハウスクリーニングの開業やその後の経営に必要なコストは洗剤などの備品の消耗品費が月に1万円弱、広告費が5万円程度であとは人件費次第となっています。

では、ハウスクリーニングを開業した場合、経営者の年収はどのようになるのでしょうか。

ハウスクリーニングの平均単価と所要時間

年収のシミュレーションをする前に、そのシミュレーションに必要なハウスクリーニングの平均的な単価と所要時間が次の表のとおりになります。

掃除箇所単価所要時間
エアコン8,000円~15,000円2時間
お風呂12,000円~18,000円2時間半~3時間半
キッチン全体12,000円~20,000円3時間
部屋周り(6畳あたり)9,000円~15,000円2時間

この表からはおおむね2時間程度で10,000円から15,000円程度の収入を得ることができることが分かります。

一人で開業した場合のハウスクリーニングの収益・年収

これをベースにして、個人で経営する場合や、夫婦で経営する場合、3人程度雇用する場合の平均的な収入例は次の通りです。

経営規模年収例
個人(週6日勤務)500万円
夫婦(週6日勤務)1100万円
従業員を3人雇用した場合(週5日勤務)900万円

オーナー1人で経営をする場合の年収は週6日勤務で500万円、週5勤務で400万円程度となります。

上記の単価と所要時間から分かるように、1つの箇所をクリーニングするために2時間程度かかるため、移動の時間も考えると1日に相手にできるお客さんは午前中に1人、午後に1人~2人となります。

仮に、平均して1日2人のお客さんにサービスを提供した場合、平均的な単価は1万円程度であるため、1日の収入も2万円となります。

週1日の休日を作った場合、月の売上高が50万円となるため、そこからハウスクリーニング用品の消耗品費やチラシ代の合計6万円を引くと、44万円が月間の収入となります。

そのため、個人でハウスクリーニングを開業し、ある程度軌道に乗った場合には年収では530万円程度が目安となります。

夫婦など二人で開業した場合のハウスクリーニングの収益・年収

次に夫婦の2人で経営をした場合について考えてみましょう。

個人で経営をした場合には1日に2人のお客さんを想定しましたが、夫婦で経営する場合にはそれぞれが別の現場に行くことで個人で経営をしている際の2倍のお客さんを相手にすることができます。

そのため、平均単価1万円で1日4人なので、1日に4万円の売上があります。

夫婦の時間も楽しむ必要があるので、個人の時と同様に週1で休日を作ったとすると、月に25日稼働となり、月に100万円の売上となります。

消耗品費はお客さんの数が増えるに従って増えますが、広告費については5万円のままで問題ありません。そのため、月のランニングコストは7万円となります。

そのため、夫婦で経営を行った場合、月に93万円の収入があり、年収では1100万円程度となります。

ちなみに、週2日で休日を作った場合の年収は880万円程度となります。

最後に3人雇った場合の収入例をシミュレーションしてみましょう。

雇用した従業員は週5日勤務で25万円の給料を支払うと仮定します。それぞれが1日に2人のお客さんを相手にするとして、月に40万円の売上を獲得してくれます。

そこから給料の25万円と消耗品費の1万円を引いた14万円が従業員1人1人が毎月生み出してくれる利益であり、オーナーの収入となります。

そのため、従業員を3人雇った場合には月に42万円、年間で500万円の利益を生み出してくれることになります。

もし、オーナー自身も週5で働いた場合には約400万円の利益を生み出すため、従業員が生み出した利益と合わせると900万円程度の年収となります。

ハウスクリーニングの開業・経営のメリット  

ハウスクリーニング経営を成功させるためにはそのメリットもよく理解しておく必要があります。

ここではハウスクリーニング経営のメリットについて解説します。

案件が継続しやすい  

ハウスクリーニング経営のメリットとして、納得してくれたお客さんからは定期的な依頼が来やすいということです。

お風呂やトイレなどの水回りなどは同じような使い方をしている限り、同じように汚れが付着していきます。

そのため、ハウスクリーニングに依頼するお客さんは汚れが気になってきた段階で定期的にサービスを利用してくれる可能性が高いお客さんでもあります。

その際に、「前の人は丁寧に仕事をしてくれたな」など満足度が高ければ同じ人を頼みやすくなります。

そのようにしてハウスクリーニング経営では顧客満足度を高めることで案件が継続しやすくなるというメリットがあります。

少人数で運営できる  

少人数で運営することができるのもハウスクリーニング経営のメリットです。

ハウスクリーニングのサービスは大人数で提供するものではなく、1人のお客さんに1人がサービスを提供すれば十分な内容となっています。

そのため、固定的なお客さんが十分にいない間は1日にサービスを提供するお客さんの数を絞ることで人件費を抑え、どうしても1人では手が回らなくなってきた場合には人を増やすことでさらなる売上拡大を目指すということもできます。

このように少人数で運営でき、無理のない規模の拡大もできるという点がハウスクリーニング経営のメリットでもあります。

事務所が不要

ハウスクリーニングはお客さんの家に行ってサービスを提供するため、事務所が不要となります。

そのため、通常の開業・経営で必要となる事務所の取得費用や家賃を浮かすことができるというのがハウスクリーニング経営の大きなメリットです。

例えば、月に15万円程度の小さな事務所を借りた場合、先述した年収のシミュレーション結果は個人では350万円程度にまで低下してしまいます。

しかし、実際にはハウスクリーニング経営では事務所がいらず、そのコストを浮かすことができるため、少ない売上でも十分な利益を出すことができます。

ハウスクリーニングの経営、開業の失敗事例

ハウスクリーニング経営で失敗しないためには過去の失敗事例から学ぶことが重要となります。

そのため、ここではハウスクリーニング経営でありがちな3つの失敗事例について解説します。

ネームバリューがないため、案件が取れない  

ハウスクリーニングではダスキンやおそうじ革命、おそうじ本舗などの大手企業も存在しています。

そのため、広告費用を削減してしまうとお客さんがネームバリューのある大手に取られてしまい、売上を得ることができないということが起きます。

そのため、固定的なお客さんがある程度できるまでは広告費をしっかりとかけて大手のネームバリューに負けないようにしていく必要があります。

競合が強い地域で開業してしまう

大手に限らず個人でのハウスクリーニング店が多い地域で開業した場合にも失敗する可能性が高くなってしまいます。

ハウスクリーニングのメリットで解説したようにハウスクリーニング経営では満足度が高い場合にはお客さんは同じ人に依頼し続ける傾向があります。

これは裏を返せば、すでに強い競合が存在している場合にはその地域のお客さんがその競合に継続して依頼してしまうため、新規参入が難しいということも意味しています。

そのため、出店前にその地域の競合を分析して、お客さんがすでに競合に奪われてしまっていないかをしっかりと見極める必要があります。

需要のない地域で開業してしまう

当然ですが、需要のない地域で開業した場合にも失敗してしまう可能性が高くなります。

ハウスクリーニングに依頼する可能性が高いのは掃除が難しい高齢者や、共働き世帯、小さい子どもがいて掃除の時間が取れないといった人たちです。

そうした人たちがどれぐらいいるのかなど商圏の分析をしっかりと行った上で開業することをお勧めします。

ハウスクリーニングの開業は、ノウハウのあるフランチャイズがおすすめ

ハウスクリーニング経営を成功させるためには上記で解説したメリットを上手く活かしながら、デメリットがなるべく出ないようにすることが重要となります。

そこで検討すべきなのがフランチャイズへの加盟です。

ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟すれば、デメリットとなるネームバリューの問題はある程度解決できます。また、これまでに多くの開業・経営を支援してきたフランチャイズは開業・経営のためのノウハウを持っており、競合分析や商圏分析も行ってくれるため、競合が強い地域や需要がない地域で開業してしまうという過ちも防ぐことができます。

ただ、ハウスクリーニングのフランチャイズにも様々な企業がありますので、ここではその中でもおすすめのフランチャイズを紹介します。

募集案件