コインランドリーの開業・経営をするなら知っておくべき!開業資金やメリットデメリットを徹底解説!

コインランドリー経営は初期費用が大きくかかるという特徴がありますが、その一方で開業後は手間がかかりにくいなどのメリットもあります。コインランドリー経営ではこうしたメリットを上手く活かし、デメリットを抑えるということが重要となります。そこでコインランドリー経営にかかる費用や、メリットとデメリット、出店の際の注意点などコインランドリー経営に必要な知識をここでは紹介します。

アイキャッチ

コインランドリーの開業・経営は楽?儲かるのか?

コインランドリーは多くの場合、無人店舗で手間がかからないというイメージがあります。では、実際にコインランドリー経営は楽に儲かる業種なのでしょうか。

この記事では、コインランドリー経営の開業のためにかかる費用や、コインランドリー経営のメリットとデメリット、開業の際の注意点などコインランドリー経営に必要な知識を詳しく解説していきます。

コインランドリー開業の費用や設備

コインランドリー経営の大きな特徴の一つが開業費用の大きさです。ここではその開業のための初期費用について自分一人で一からコインランドリーを開業する場合と、フランチャイズに加盟してコインランドリーを開業する場合の2通りについて説明します。

一から独自にコインランドリーを開業する場合

コインランドリーの開業には小さい15坪程度の店舗でも2000万円以上の初期費用が必要となります。

その内訳は次の通りです。

  1. 内装工事費:600万円

  2. 設備費(洗濯機・乾燥機):1000万円

  3. 店舗:400万円

  4. 外装工事:200万円

コインランドリーを開業するためには一般的な店舗に水回りを補強する工事を行う必要があるため、内装工事費だけでも600万円ほどかかります。

それ以外にも、大型洗濯機や乾燥機の導入に1000万円、店舗の取得費用に400万円、看板・外灯などの外装工事に200万円がかかります。

これらを合計すると2200万円となり、多くの初期費用が必要となることが分かります。

また、50坪程度の大規模なコインランドリー店を開業する場合には4000万円以上の初期費用が必要となります。

その内訳は次の通りです。

  1. 内装工事費:900万円

  2. 設備費(洗濯機・乾燥機):2200万円

  3. 店舗取得費用:800万円

  4. 外装工事:300万円

50坪の広さは駐車場付きのコンビニエンスストアと同程度の広さです。そのため、実際にコンビニエンスストアの跡地を利用して大型のコインランドリーを開業するケースも数多くあります。

また、大型の店舗を開業する場合、費用が小型店舗と比較して割安となりやすいことが特徴となります。

規模の経済性がきくため、50坪の店舗は15坪の店舗よりも3倍以上の広さがありますが、初期費用自体は2倍程度に抑えることができる傾向にあります。

フランチャイズに加盟する場合

フランチャイズに加盟する場合の初期費用も独自のコインランドリーを開業する場合とほとんど同様ですが、上記の初期費用に加えて加盟金が必要になる場合があります。

一から独自にコインランドリーを開業する場合、土地の選定やその土地の需要予測、内装・外装工事の業者の手配、設置する洗濯機・乾燥機の選定など全て自分で行う必要があります。

それに対して、フランチャイズに加盟した場合、そうした素人には手間のかかる作業を行ってくれるというメリットがあります。

こうしたメリットと加盟金や営業開始後のロイヤリティーを踏まえて、一からコインランドリーを開業すべきか、フランチャイズに加盟すべきかを考えてみることをお勧めします。

コインランドリー経営は投資型の事業

コインランドリー経営は初期投資が非常にかかるという特徴がありますが、それと同時にあまり手間がかからないという特徴もあります。

そのため、本業の傍らコインランドリー経営を行い、その大きな初期費用を少しずつ回収していくという投資型の事業でもあります。

副業で行うケースも多い

コインランドリー経営は下記のメリットのところでも説明しますが、人を雇う必要がなく、清掃・集金作業のみ必要となります。

それゆえ、日中はビジネスパーソンとして働いている人でもコインランドリー経営を行う時間や労力に余裕があるため、副業としてコインランドリー経営を選ぶ場合も多いとされています。

空きスペースの活用としても活躍

コインランドリーは小さい店舗であれば10~15坪程度あれば十分に経営を行っていくことができます。

そのため、既に物件を持っているものの1部屋使い道がなくて困っているという場合にコインランドリーを併設することでその物件自体の魅力を高めることもできます。

実際に近年ではカフェにコインランドリーを併設させ、コインランドリーで洗濯をしている待ち時間にカフェでドリンクを飲んでもらうというシナジー効果を得ようとしている例もあります。

コインランドリー経営をした際のオーナーの年収

コインランドリー経営をした場合にオーナーとして得られる年収は10~15坪の小型店舗では320万円程度です。

項目内訳金額
売上高客単価500円×来客数35人/日×30日53万円
変動費用売上の30%程度(水道光熱費・洗剤等)16万円
固定費用家賃等10万円
利益/月26万円

小型の10~15坪の店舗では、平均的な客単価は500円、一日に来る客数は35人程度となります。そのため、1日の売上は1.7万円となり、月間売上は約53万円となります。

ここから費用を引いた残りがオーナーの取り分となります。

費用はお客さんが来れば来るほど必要となる水道光熱費や洗剤等の変動費用が売上の30%程度かかり、固定費として家賃が10坪であれば10万円程度かかります。

そのため、月間の利益は26万円程度となり、年収としては320万円程度となります。

また、50坪程度の大型店舗を経営した場合にオーナーとして得られる年収は、650万円程度です。

項目内訳金額
売上高客単価800円×来客数50人/日×30日120万円
変動費用売上の30%(水道光熱費・洗剤等)36万円
固定費用家賃等30万円
利益/月54万円

駐車場を併設できるような大型店舗の場合、布団などのより大型の洗濯物の利用客を見込むことができ、小型店舗と比較して客単価を上げることができます。

そのため、売上高は平均的な客単価は800円、1日に来る客数は50人程度となり、1日の売上高は4万円、月間売上高は120万円程度となります。

変動費用は売上高の30%程度なので36万円がかかり、50坪程度の店舗であれば30万円程度の固定費用がかかります。

そのため、50坪程度の大型店舗の場合、月間の利益は54万円、年間では648万円となります。

コインランドリー経営の失敗事例

コインランドリー経営で失敗しないためには、過去の失敗事例をよく理解しておくことが重要です。

そのため、ここではコインランドリー経営においてよくある失敗例を2つ紹介します。

競合の参入による売上低下

コインランドリーは洗濯と乾燥というサービスを提供する業態であるため、基本的な多店舗との差別化を行うことが難しいとされています。

そのため、競合企業が店舗周辺に参入してくると顧客の奪い合いとなり、売り上げが低下し、赤字となってしまうケースが多々あります。

そうした競合の参入による売上の低下を少しでも防ぐためにも、洗濯と乾燥という基本サービス以外にも、ポイントカードの発行や洗濯・乾燥の残り時間をスマホでも分かるようにする工夫するなど、基本サービス以外の部分で差をつける必要があります。

立地選択を誤った場合

コインランドリーは初期投資が大きく、気軽に出店・退店を行うことができない業種です。

また、遠いところまでコインランドリーに行くために車を走らせるというお客さんはほとんどいません。

そのため、立地洗濯を誤った場合、どれだけ宣伝を頑張ったとしても需要がなく、売上を得ることができず、撤退もできないため、赤字を垂れ流し続けるという事態に陥ってしまいます。

そうしたことを避けるためにも、何かの用事のついでに洗濯・乾燥もできるというようにスーパーの近くなど普段の生活圏内で立ち寄りやすい場所を選んで出店することが重要となります。

コインランドリー経営のメリット・デメリット

コインランドリー経営を成功させるためにはそのメリットとデメリットをよく理解しておく必要があります。

そのため、ここではコインランドリー経営のメリットとデメリットを解説します。

コインランドリー経営のメリット

コインランドリー経営のメリットは人材教育と人件費が必要ない点にあります。

コインランドリーはセルフサービスとなるため、コインランドリー経営でやるべきことは清掃や集金作業、潜在などの発注と補充だけとなります。

これらの作業の中で毎日すべきなのは清掃作業ぐらいで、それも1日1時間もかかりません。

また、近年では電子マネーに対応した洗濯機・乾燥機も出てきており、集金作業を省くこともできるようになっています。

そのため、人を雇う必要がないため、人材教育の手間や人件費を省くことができます。

コインランドリー経営のデメリット

コインランドリー経営のデメリットは開業費用が高いことと、出店地域を間違えてしまうと取り返しがつかないという点です。

開業費用については先述したように2000万円以上の費用が掛かるのが一般的となっています。

この初期費用を全て金融機関からの借り入れで賄った場合、多額のローンが大きなランニングコストとしてかかってくることになります。

また、コインランドリー経営で成功するために最も重要な要素は立地だと言われています。

先述したように、コインランドリーに行くためだけに遠いところからわざわざお客さんがなかなか来てくれません。

そのため、立地を間違えてしまうとどれだけ最新の設備を揃えたとしても、またどれだけ広告を頑張ったとしてもお客さんはなかなか来てくれません。

しかしながら、初期費用が2000万円もかかるため、出店場所を間違えたからと言ってすぐに撤退して他の地域で出店し直すということは非常に難しいです。

このように出店地域を間違えてしまうと、その後の経営努力では解決できない問題を抱えてしまうため、開業前に成否が分かれてしまうというデメリットもあります。

コインランドリー開業・経営にはフランチャイズもおすすめ

こうしたコインランドリー経営のデメリットを最小限に抑えるためにもフランチャイズに加盟することをお勧めします。

コインランドリーのフランチャイズ各社はこれまでに数多くのコインランドリーの出店や出店後の経営のサポートを行っており、それぞれがコインランドリー経営に必要なノウハウを蓄えています。

コインランドリーのフランチャイズに加盟することによって出店地域の需要予測などのアドバイスを受けることができるため、立地で失敗する確率を低下させることができます。

ただし、コインランドリーのフランチャイズはそれぞれに特徴があり、自分の方針に合ったフランチャイズを選ぶことが重要となります。

そのため、ここではコインランドリー経営におすすめのフランチャイズを紹介します。

CMでお馴染み「フトン巻きのジロー」

カフェ併設型コインランドリー「baluko laundry place」

募集案件