整体院の経営は簡単に儲かるのか?必要な開業資金・資格や想定のオーナーの年収を紹介!

整体院は資格が不要なため施術に必要な物さえ揃えることができれば開業でき、年収1000万円を目指すことができます。個人で整体院を経営する場合にはリスクと多忙という問題が生じますが、フランチャイズチェーンを利用する場合には知名度や経営ノウハウの提供によってそうした問題を回避することもできます。

アイキャッチ

整体院の経営は儲かる?

整体院を経営するための資格は不要であるため、整体院の開業は簡単だと言われています。では、実際に整体院は儲かるのか、整体院を経営すればどれぐらいの年収を実現できるのか。個人で経営した方がいいのか、フランチャイズチェーンに加盟した方がいいのか。ここではそうした整体院院の経営に関する疑問に答えます。

整体院を経営する上で必要になるもの

整体院を経営していくためには、資格や狙うべき顧客層、事前に揃えておくべき設備などを開業前にしっかりと検討しておく必要があります。

整体師は資格不要でできるが資格を持っていた方がよい

整体師となるための国家資格がないため、整体師となるために資格が必ず必要というわけではありません。

整体師として柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師は国家資格として認められており、保険適用のできる施術を行うことができます。

こうした柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師が行う施術以外の整体については資格をもっていなくとも整体師として施術することができます。

しかしながら、整体師として働くためには知識や技術は必ず必要となることや、ターゲット層に対してアピールポイントを作るためにも民間の資格を取得しておくことをお勧めします。

整体院の経営ではターゲット層の選定が重要

整体院を経営する上でターゲット層を明確にしておくことも必要となります。ターゲット層を明確にしなければ、どのような店舗を構えればよいのかや、提供すべき施術内容、とるべき資格も異なってくるからです。

例えば、身体に問題が生じてしまったのを解決してほしいというニーズに応えることを中心に据えるのであれば、病院のような質素な店構えにし、運動能力を高めるような施術内容を行い、メディカルトレーナーなどの資格をとった方がよいでしょう。

それに対して、リラックスした時間を過ごしたいというニーズを満たすのであれば、ゆったりとしたBGMに落ち着いた店内を用意し、優しくマッサージを行い、リラクゼーションセラピストなどの資格を取った方がよいでしょう。

このように誰をターゲットにするのかによって整体師としてやるべきことが異なるため、ターゲット層を明確にしておくことが必要となります。

整体院の設備投資

また、整体院を経営するためには設備投資も必要となります。整体を経営するために用意しなければならないものは以下の通りです。

  1. 店舗

  2. 看板

  3. 施術台

  4. タオル

  5. シーツ

  6. 問診表

  7. 領収書

  8. 整体師(雇用する場合)

  9. 整体院のコンセプト

これらを用意すれば整体院を経営することができます。整体院は整骨や接骨のように資格が不要であるため、施術をするために必要な設備や物を揃えるだけで整体院を開業することができます。整体院のコンセプトは開業に必須ではありませんが、他の整体院との差別化を行うためやお客さんに整体の効果をイメージしやすくするためにもコンセプトを決めておいた方がよいでしょう。

整体院オーナーの年収は1000万円以上も可能

個人で経営する場合、10人が来客し続けてくれる人気店になれば年収1000万円越えも可能です。

整体院の全国的な平均単価は5,400円とされているため、1日に3人お客さんが来れば25日営業で37.5万円の売上となり、もし10人のお客さんが来た場合には125万円の売上をあげることができます。

1日に10人のお客さんが来る場合、朝の10時に開店し、お昼休みを1時間挟んだとして、開店から21時までお客さんが途切れず訪れている状態です。そのため、この状態が1人で整体院を経営している場合の上限といってもよいでしょう。

つまり、個人の整体院オーナーとして年間の売上は1500万円となります。ここからコストを引いたものが整体院オーナーとして獲得できる年収になります。

整体院は道具を使わず施術するため、ランニングコストとして最も重要なものは家賃となります。仮に家賃が月に30万円のところで店舗を経営した場合、125万円から30万円引いた95万円が手元に残るため、年間では1140万円の年収を得ることができます。

逆に、1日に3人程度しかお客さんが来ないような場合、月に7.5万円しか手元に残らず、年収も90万円程度にしかなりません。

ただし、自宅を改装して営業する場合、上記の家賃はかかってこないため、売上をほとんどそのまま年収にすることもできます。その場合は、お客さんが3人しか来ない場合でも年収は450万円程度、1日に10人来る場合には1500万円程度の年収を獲得することができます。

それに対してフランチャイズチェーンに加盟した場合、一般的に3~5人の整体師を雇い整体院を経営し、客数も多くなりやすいため、月の売上の目安は300万円程度です。

フランチャイズチェーンのオーナーになる場合、300万円程度の売上であれば人件費等のコストを引くと月100万円ほど残るケースが多いため、年収では1店舗の経営で1000万円を超えることも可能です。

整体を一から経営する際に必要な開業資金

整体院を開業するために資金計画を開業前にしっかりと検討しておく必要があります。その際、開業後数か月は利益がでないことも考え、初期費用はもちろんのことランニングコストについてもしっかりと検討することが重要です。

初期費用は最低10万円程度から  

自宅で自ら施術をする整体院を開業する場合、上記の設備や物は10万円程度で揃えることができます。

それに対して、もし店舗を借りる場合には敷金・礼金以外に保証金が必要となってくることに注意が必要です。一般的に保証金は家賃の6か月から12か月分を求められます。つまり、家賃によって変動しますが店舗を借りて開業する場合、200万円から400万円程度の初期費用を用意する必要が生じます。

そのため、整体師として独立する場合に店舗を借りて開業するのはある程度のリスクを伴うことを覚悟しなければなりません。

また、フランチャイズチェーンに加盟する場合には、店舗の取得や内装工事、広告宣伝費などに400万円程度かかるとされています。

人件費などのランニングコストは190万円程度

整体院を経営する場合に必要になる主なランニングコストの項目は次の通りです。

  1. 人件費(雇う場合)

  2. 家賃

  3. 水道光熱費

  4. 消耗品費

  5. 広告宣伝費

そのため、自宅を改装して自分で施術を行うタイプの整体院を経営する場合、ランニングコストはほとんどかかりません。水道光熱費は売上の3%~4%、消耗品費は1%~2%程度が目安であるため、月に100万円の売上があったとしても水道光熱費が4万円、消耗品費が1万円程度の合計5万円しかランニングコストはかかりません。

また、広告宣伝費も開業当初は新規顧客を獲得するために必要となりますが、1人体制で整体院を経営する場合には大勢のお客さんが来店しても捌き切ることはできないため、安定的な固定客を掴むことの方が重要となり、固定客を掴むことができれば広告宣伝費をかける必要もなくなります。

このように個人で整体院を経営する場合にはランニングコストをそれほど心配する必要はありません。

それに対して、人を雇ったり、店舗を借りて整体院を経営する場合にはランニングコストを強く意識することが必要となります。

一般的に整体師の給料は月に30万円前後、新人の場合は15万円~20万円程度と言われています。そのため、例えば4人を雇って1人は休ませて施術は3人体制で運営していく場合には4人×30万円の120万円が毎月の給与として必要となります。

また、3人体制で運営する規模の店舗を借りると家賃も20万円~30万円程度かかるため、その金額も必要となります。

それに加えて、多くのお客さんを集める必要があるため、そのための広告宣伝費も月に20万円程度必要となってくるケースが多いとされています。

そのため、300万円規模の整体院では毎月190万円程度のランニングコストを覚悟しておく必要があります。

失敗したくない!整体を経営するには

整体師は年収1000万円を目指すこともできますが、その一方でお客さんが来ずに失敗してしまう可能性ももちろんあります。

では、どのようにすればその失敗を防ぐことができるでしょうか。ここではその失敗のリスクを低くさせるための方法を紹介します。

フランチャイズチェーンを経営することでノウハウや知名度を利用  

整体師として独立して開業する場合には前述したように数百万円程度の初期費用が必要となる場合や、月々の家賃といったランニングコストを負担する必要があり、リスクが伴います。

また、整体院を経営する場合、整体師としての技能に加えて経営の知識も必要となってきます。コストの管理や集客のためのマーケテイング、そもそもどこに店舗を出店するのかなど経営者として考えることは数多くあります。

こうした不慣れな経営の仕事を整体院の営業が終わった後に考える必要性があるため、個人で整体師として独立した場合、雇用されていた時よりも忙しくなる傾向にあります。

フランチャイズチェーンに加盟するメリットはこうしたリスクと手間を低下させることができるという点にあります。

フランチャイズチェーンを利用すれば、その各フランチャイズチェーンの知名度を利用して集客することができるため、お客さんが来ないというリスクを低下させることができます。また、各フランチャイズチェーンに蓄えられたマーケテイングや出店のノウハウも利用することができます。そのため独立時点で経営の知識を持っていない整体師でも安心して独立することができます。

まとめ  

整体院を個人で経営する場合には少ない予算で開業することができるというメリットはありますが、その一方でお客さんが来ないというリスクや経営のことを考える手間が増えて忙しくなるというデメリットもあります。

それに対してフランチャイズチェーンに加盟した場合には知名度を利用できることによるリスクの低下や経営ノウハウの提供があるというメリットがあるものの、開業費用が大きくなりやすいというデメリットもあります。

いずれの場合も年収1000万円を狙えますので、自分のスタイルに合った整体院はどちらなのかをしっかりと考えて整体院の経営にあたるのが良いでしょう。

募集案件