結婚相談所の開業は個人でも可能!結婚相談所を開業する方法や開業資金を伝授!

結婚のスタイルが多様化しているなか、婚活ビジネス市場は拡大しつつあります。少子化や晩婚化など結婚にまつわる問題は社会的な関心事となっていて、国や自治体も後押しするなど新しい形の男女の出会いが次々と生まれています。人生の大切な橋渡しをする結婚相談所の開業について詳しく説明していきます。

アイキャッチ

結婚相談所の市場規模が拡大!個人開業する人も増加傾向に

婚活ビジネスの市場規模は2000億円程度に達して、過去10年で3倍以上に拡大しています。未婚率の上昇や婚活サービス利用率が低いことから更なる拡大が予想され、結婚相談所を個人開業する人も増加する傾向となっています。

恋愛に対して消極的な人が増えている

恋人のいない未婚者比率は年々上昇し、恋愛に対して消極的な人が増えていることを示しています。

現在は自分のライフスタイルを大切にする人が増えていて、他人のスタイルに自分を合わせることへの抵抗感が高くなっています。恋愛は相手と考え方や価値観を合わせていくプロセスが必要なため、未婚者にとっては無理してまで恋愛しなくても良いという考えが広がっています。

恋愛への消極化が進行しているため、恋愛結婚する人の数も減少しています。そのため、結婚をサポートする婚活ビジネスへの市場ニーズが大変高まっています。

「婚活」や「結婚相談所」への心理的障壁がなくなりつつある

最近の婚活サポートは一昔前のような堅苦しさがなくなり、カジュアルな雰囲気のサービスが増えています。また「婚活」という言葉が一般化したこともあり、女性を中心に「婚活」や「結婚相談所」への抵抗感は下がりつつあります。

近年の晩婚化により、結婚を希望する女性には厳しい環境が続いています。子供を産める年齢などを考えると、できるだけ早いタイミングでの結婚を望む方が多くなっています。「結婚相談所」であれば交際前に男性のプロフィールを知れるので、安心や信頼というイメージを持つ方が増えています。

結婚相談所の開業はフランチャイズが基本!強みである会員数を活かして安定な経営を期待できる

結婚相談所において、最も重視される要素が会員数です。結婚を希望される方が相手に求めるニーズは多様化しています。条件面、性格、趣味、勤務地などのニーズにマッチした相手を探すためには、会員数が多くいることが絶対条件になります。

個人で会員数を集めるのは、どうしても限界があります。フランチャイズ展開している結婚相談所であれば、幅広いネットワークから多くの会員を集めていて、加入することでこの会員数を開業後すぐに活用できます。

安定した経営環境をつくるためには、お客様の期待と信頼に応えることが重要です。圧倒的な会員数の差を考えれば、結婚相談所の開業はフランチャイズを基本として考えましょう。

結婚相談所開業のメリット

結婚相談所の開業には、他の業種にはないメリットがあります。このメリットを活用すれば、早期に安定した経営基盤を築けます。ここでは、そのメリットをいくつか紹介します。

メリット①:少ない投資で簡単に開業することができる!個人で開業する人も多い

結婚相談所は開業時の初期投資を大きく抑えられます。

基本的には紹介サービスのため、大きな設備投資は必要ありません。また、商品仕入れがないため在庫リスクも発生しません。

結婚相談所の規模にもよりますが、開業当初はオーナー1名で運営できます。そのため人件費もかかりませんし、自宅で開業できればオフィスの賃貸料も発生しません。

多額の資金調達は必要ないので気軽に始めることができ、個人で開業する人も多くいます。

メリット②:小規模ならば副業としても開業可能!副業で開業する人が多い

結婚相談所は副業に向いているいくつかの特徴があります。

婚活している多くの方が平日日中に働いている人が多いため、問い合わせや面談などの時間は平日夕方以降や土日に集中します。また、予約して来店される方がほとんどのため、本業との調整が行いやすくなっています。

小規模であれば店舗も必要としないため、営業時間中も留守にできます。会員様からの連絡手段さえ確保しておけば時間に拘束されることが少ないため、副業にも適している業態となっています。

結婚相談所開業のデメリット

結婚相談所開業には、独特のデメリットが存在します。このデメリットを理解しておかないと、開業後早々に経営が行き詰ってしまいます。結婚相談所の特性をしっかりと把握して、事前に対策を検討しておきましょう。

デメリット①:顧客が増えると副業では対応しきれなくなることも

結婚相談所の売上や利益を伸ばすためには、担当会員数を積み重ねていくが必要あります。担当する人数が増えれば、婚活サポートの業務量も比例して増えていきます。そうなると限られた時間しか活動できない副業では充分な対応ができず、顧客の満足度を上げられません。

スタート段階は副業だったとしても、本気で収益化を図るのであればどこかの段階で本業へと切り替えるステージが訪れます。この切り替えは資金投下リスクを伴いますが、このリスクは本来、いかなる業態でも存在するものです。本業に移行する時には、初期投資が大きく抑えられるメリットがなくなると考える方が自然でしょう。

デメリット②:同業他社が多い市場であるため撤退のリスクも大きい

結婚相談所は初期投資が少なく開業しやすいため、同業他社が多く存在します。その結果、顧客の獲得を同業他社と争うことになり、一部では価格競争も起きています。

価格競争に巻き込まれると、個人開業店ではなかなか大手企業に対抗できません。大手企業との差別化が明確に図れていないため、撤退していく個人開業店は数多く存在します。

開業にあたっては、どこに「自社の強み」があるかをしっかりと認識しておきましょう。

結婚相談所を開業する場合に必要な開業資金(加盟金)は87万円〜690万円!

結婚相談所を開業するためには、どれだけの開業資金が必要かについて考えてみましょう。

結婚相談所は大きく分けると、無店舗型と店舗型の2パターンがあります。必要とされる開業資金のイメージは無店舗型で87万円、店舗型で約600万円となります。開業する形態で大きく異なりますので、どういう事業を展開するか検討して必要な資金を調達しましょう。

結婚相談所の開業に必要なもの一覧

開業にあたっての設備投資や加盟金などを解説します。一覧の中には店舗型のみで必要なものがありますので、店舗型のメリットと投資リスクをあわせて検討してください。

ネット環境とPC・スマホなどの機器は必須!

顧客とのやりとりは、主にPCやスマホを通じて行います。ネットでのストレスを感じないように、高速通信環境を整えた方が良いでしょう。

PC・スマホを新規購入する場合は、廉価機種は避けてください。顧客との連絡に加えて会員データベースへのアクセスや会員画像データを取り扱うケースもありますので、廉価機種では業務に支障が出る可能性があります。

これらの通信関連費用は初期投資で20万円程度(スマホ機種代込み)、月額コストで2万円程度が見込まれます。

結婚相談所フランチャイズへの加盟

結婚相談所のフランチャイズに加盟するには、加盟料として50万円~150万円程度必要です。契約する会社によって会員数や使用できるシステムなどが異なりますので、提供されるサービスと加盟料を比較して検討しましょう。

顧客が増えた場合や事業拡大の場合には相談スペースが必要になることも

顧客が増えてやり取りがメールや電話だけで対応できなくなると、店舗を開設して相談スペースを確保することになります。

家賃20万円の店舗を開設する場合、以下の費用が必要です。

・保証金  20万円×10カ月分=200万円

・仲介手数料  20万円

・内外装費  150万円

合計  370万円

顧客との関係づくり・相談のための交通費や交際費

顧客と直接お会いして会談する際、移動の交通費や交際費が必要です。土日祝日に会うと想定して月額15万円程度は想定してください。

この他に、店舗型であれば備品購入で50万円、運転資金(交通費、交際費含む)として100万円の想定は必要です。

結婚相談所を開業する際の流れ

結婚相談所は他の業態に比べると開設までの準備期間が短くて済み、最短1カ月ほどで開業できます。開業までの流れは「資金・環境準備」「フランチャイズ加盟」「開業準備」と進みます。

開業資金(加盟金)、ネット環境を用意する

始めにリスクを避けて無店舗型で始めるか、早期の収益化を目指して店舗型で始めるかを選択します。選択した営業形態に応じて加盟金を含めた資金調達の計画を立ててください。

ネット環境は営業形態に関わらず必要となります。高速通信ができるネット環境の構築と必要なPC・スマホを準備しましょう。

フランチャイズ本部を探し、加盟する

結婚相談所のフランチャイズ本部へ資料請求して、比較検討してください。

フランチャイズ各社には会員数、加盟金、サポート体制、エリアの制約、ロイヤリティなど様々な違いがあります。

初めて開業する人の場合、特に重要なのが会員数とサポート体制です。結婚相談所を開業して失敗する人の多くは集客と経営のノウハウが不足していて、売上が低迷することが大きな要因です。

ノウハウ不足をカバーするためにも、フランチャイズ本部のサポート内容をしっかりと把握し、長期間にわたって協力関係を築ける会社に加盟しましょう。

フランチャイズ本部の指示に従い開業準備を進める

開業までの具体的な準備を、フランチャイズ本部指示のもと進めます。

開業サポートの内容はフランチャイズごとに異なりますが、主な内容は以下の通りです。

□開業研修会

 ・結婚相談所基礎研修

 ・システム利用研修

 ・接客研修

 ・集客研修

□開業準備

 ・会員システム構築

 ・Webサイト構築

 ・販促ツール、名刺等の作成

 ・集客システム構築

 ・店舗内外装

結婚相談所の開業に必須の資格はない!

結婚相談所開業のために、必須の国家資格や民間資格はありません。

顧客の結婚をサポートしたいという意欲と、世話好きで人の役に立ちたいという意志があれば誰でも開業できます。

しかし、ビジネスとして顧客を成婚まで導いていくには、専門の知識や経験が求められます。任意ではありますが、民間で結婚アドバイザーの資格試験が行われています。これらの資格を持っていれば、顧客からの信頼アップにつながりますので、積極的に取得を目指しましょう。

また顧客との契約において、「特定商取引法」や「個人情報保護法」に関連する場合があります。これらの法律もしっかりと理解しておいてください。

結婚相談所の開業に失敗しないコツ

結婚相談所は参入しやすい業態のため、失敗して廃業するケースも多くあります。原因は様々ですが、結婚相談所が失敗する主なケースについて解説します。

経費をかけるのは経営の軌道に乗ってから!初期に経費をかけすぎないようにしよう

結婚相談所の経営で最も問題になるのが「集客ノウハウ」です。集客がそのまま売上につながる結婚相談所では、顧客をどのように集めるかが、経営がうまくいくかどうかの分かれ目となります。

集客のメインは、「口コミ」「ウェブ集客」「チラシ」になります。いずれの集客も開業後すぐに効果が出るとは限りません。経営が軌道に乗るまでには、ある程度の試行錯誤を繰り返すことを想定してください。

この試行錯誤の間に経営が行き詰らないためにも、開業当初の経費はできるだけ少なくするべきです。長期戦を見込んで、売上と支出のバランスをうまくとっていきましょう。

価格と顧客の満足度の乖離には注意!市場の平均入会価格は5万円

結婚相談所の入会金は、他の婚活サービスと比較して高めに設定されています。これには遊び目的ではなく、真剣に結婚を希望している人だけを対象とする目的があります。

入会金の相場は5万円~10万円程度が多いですが、なかには50万円かかる場合もあります。入会金が高くなるほど顧客は入会をためらいますし、入会後への期待も高くなります。顧客が思うような満足度を得られなければ、クレームに発展して悪い評判が立つことがあります。

競合地域の相場や提供する婚活サービス内容を吟味して、顧客が納得できる入会金を設定してください。

顧客のルール違反などのトラブルの防止策や対処法を決めておく

顧客との間で発生するトラブルについて事前にルールを決めておき、タラブル防止に努めることも重要です。

男女交際を扱うという性質上、成婚まではデリケートな問題が発生します。なかでも顧客間でトラブルが起きれば結婚相談所の信用だけでなく、刑事事件に発展する危険性もあります。

顧客間での直接のやり取りや交際中のルールなど事前に禁止事項や対処方法について顧客にしっかりと説明して、必ず合意を得たうえでサービス提供を開始してください。

顧客との関係づくりが重要!関係を作りやすい年齢層をターゲットに

結婚相談所において最大の商品は開業するあなた自身です。あなたが顧客と信頼関係を築き、顧客の立場に立って行動することが顧客満足度を高めることにつながります。

顧客ニーズが理解できなければ、こちらが良いと思って行動しても食い違いが起きる可能性が高くなります。開業時は自分が最も考え方を理解しやすい年齢層をターゲットとするべきです。その上で経験を積みながら、年齢層の幅を広げていきましょう。

結婚相談所を開業した際の仕事内容

結婚相談所は加入していただいた顧客が希望する結婚ができるよう、色々なサービスを提供します。顧客の人生にとって大切な選択をサポートする仕事ですので、成婚まで導ければやりがいを強く感じられます。そんな結婚相談所の仕事を紹介します。

会員のプロフィールづくり

加入された会員のプロフィールづくりをサポートします。顧客がお相手を知るときに最初に検討するのがプロフィールです。このプロフィールが魅力的であればより多くの相手から関心を持っていただけ、会員がお見合いできる可能性が高まります。

顧客の持っている魅力が書面でもしっかりと伝わるように、顧客との対話を通して性格や長所を把握することが大切です。人には自分が気づかない長所が必ずあります。その長所を引き出してあげて、多くの相手から選ばれるプロフィールをつくっていきましょう。

会員同士の紹介やお見合いのセッティング

会員からのヒヤリングを通して、ふさわしいと思うお見合い相手を紹介します。会員が求める条件や相性などを考える必要があり、結婚相談所としての力が一番試される仕事となります。

会員とお相手の双方が合意すれば、お見合いのセッティングへと進みます。日時や会場を設定し、当日の立ち合いも行います。

当日は双方が初めてお会いする場面なので、お互いに緊張するのは仕方がありません。お二人の会話が盛り上げるように、うまく雰囲気をつくるのが大切なポイントです。

お見合い結果の通知

お見合いが終わると、双方に交際の意思があるかを確認します。お互いに希望すれば、めでたく交際へと進みます。

相手から断られた場合は、その結果を会員に伝えなければなりません。程度の差はあれ、会員としてはショックを受けます。心情を察した伝え方をするとともに、次のお見合いに向けて気持ちを高めてあげるのも大事な仕事です。

交際状況の確認や相談役に

交際がスタートすれば、恋愛にまつわる色々な問題が発生します。ちょっとしたすれ違いや思い違いで交際が終わらないように、会員の状況を確認したり相談を受けることでサポートします。

会員になられる方は、交際に対して不安を抱いている方が多くいます。会員の不安な気持ちをしっかりと受け止めてあげて、会員が勇気を持って交際を進められるような後押しが求められます。少し先回りしてサポートするくらいの対応を心掛けてください。

プロポーズのサポート

交際が順調に進み会員から結婚の意思が示されたら、会員のプロポーズをサポートします。

プロポーズは二人にとって、一生の記念になるイベントです。素敵な思い出がつくれるように、会員の相談役として手助けしていきます。

めでたく結婚が決まれば、結婚相談所としての業務は完了します。人の幸せとともに業務が完了するというのは、顧客だけでなくサポートする側もとても素敵な気持ちになれる仕事です。

結婚相談所を経営する際の、料金をもらうタイミングと平均額

結婚相談所の料金システムは各社によって違いがあり、設定している名目や金額も様々です。顧客からクレームにならないよう、開業する時のターゲットにマッチした金額を設定してください。

入会金

入会金とは、会員が結婚相談所に入会する際にシステムへの登録や事務手数料としていただく金額です。相場は1万円~50万円と幅広いですが、平均的な金額は5万円~10万円となっています。

結婚相談所によっては入会金が無いところもありますが、その他の費用が高くなるケースがほとんどです。

入会金が高くなるほど、顧客のサービスに対する期待値は高まります。提供できるサービス内容とのバランスを考えて、入会金の金額を決めていきましょう。

活動サポート費

お見合いが成立するための調整業務や、交際がうまくいくためのサポートに対していただく費用です。会員が婚活を開始した時点で発生し、相場は2~15万円となっています。

会社によっては入会金と活動サポート費をまとめている場合があります。

月会費

結婚相談所で活動するために、毎月いただく費用です。検索システムや相手紹介の利用料となります。相場は1~2万円で、お見合い料が含まれているケースもあります。

お見合い料

お見合いのセッティングに対する費用で、お見合い1回ごとにいただきます。相場は5千円~1万円となっています。

会社によっては、毎月何回お見合いしても一定料金というケースもあります。

その他サービス

各種サービスや商品を会員に紹介して、利用した際にいただく費用です。写真スタジオ、自分磨きサービス、結婚式場などを紹介などが含まれます。

相場は1万円~となり、利用するサービスの数によって変動します。

成婚費

結婚が決まって、結婚相談所を退会する時にいただく費用です。相場は5~30万円と、かなり幅があります。成婚のタイミングは、「プロポーズ」や「両親への挨拶」など、各社によって異なります。

成婚料は成功報酬としていただくもので、成婚料の金額が結婚相談所の信頼度と見られる傾向があります。

結婚相談所の経営者の平均年収を年収シミュレーションを用いて解説

結婚相談所の売上や利益は、会員数と成婚数によって大きく変わります。開業後の収益について、モデルケースごとに解説します。

副業で開業した方の平均年収は247~547万円!

副業で開業したケースで、会員数20名を想定しています。

□収入

月会費 1万~1万5千円 × 20名 = 20万~30万円

お見合い料 5千円 × 20名 = 10万円

成婚料 20万円 × 0.5~1名 = 10万~20万円

入会金等 5万~10万円 × 1名 = 5~10万円

月額収入 45万~70万円

□支出

通信費 2万円

交通費・交際費 15万円

新規会員登録料 2千円 × 1名 = 2千円

ロイヤリティ・システム利用料 1万円

登録会員システム利用料 500円 × 20名 = 1万円

広告費 5万円

月額支出 24万2千円

□収益

月額収益 20万8千~45万8千円

年間収益  249万6千~547万2千円

脱サラや個人事業主として開業した方の平均年収は697万~1,357万円!

個人事業主で開業したケースで、会員数50名を想定しています。

□収入

月会費 1万~1万5千円 × 50名 = 50万~75万円

お見合い料 5千円 × 50名 = 25万円

成婚料 20万円 × 1~2名 = 20万~40万円

入会金等 5万~10万円 × 2名 = 10万~20万円

月額収入 105万~160万円

□支出

通信費 3万円

交通費・交際費 30万円

新規会員登録料 2千円 × 2名 = 4千円

ロイヤリティ・システム利用料 1万円

登録会員システム利用料 500円 × 50名 = 2万5千円

広告費 10万円

月額支出 46万9千円

□収益

月額収益 58万1千~113万1千円

年間収益  697万2千~1,357万2千円

法人として起業する場合の年間利益は2,119万~5,839万円!

法人として開業したケースで、一定数の会員見込み客を持ち店舗・従業員を活用することを前提とします。会員数は300名を想定しています。

□収入

月会費 1万~1万5千円 × 300名 = 300万~450万円

お見合い料 5千円 × 300名 = 150万円

成婚料 20万円 × 5~10名 = 100万~200万円

入会金等 5万~10万円 × 12名 = 60万~120万円

月額収入 610万~920万円

□支出

店舗家賃 20万円

人件費 150万円(スタッフ5名想定)

通信費 12万円

交通費・交際費・諸経費 200万円

新規会員登録料 2千円 × 12名 = 2万4千円

ロイヤリティ・システム利用料 1万円

登録会員システム利用料 500円 × 300名 = 15万千円

広告費 30万円

月額支出 433万4千円

□収益

月額収益 176万6千~486万6千円

年間収益 2,119万2千~5,839万2千円

結婚相談所のおすすめフランチャイズ一覧

結婚相談所はゼロから開業するのは現実的に難しい業態とも言えます。
会員数が多くなければ精度の高いマッチングはできませんし、実績も出すことができません。
そのため、既存の会員が多いフランチャイズに加盟するのがおすすめです。

募集案件