焼肉屋の開業に必要な資金と準備するものは?経営に失敗しないコツも伝授!

焼肉屋は飲食業の中でも根強い人気があります。高単価なリピーターが期待できるものの、開業までの資金や準備はしっかりと行う必要があります。焼肉屋の開業・経営のための資金や準備に必要なことを失敗しないコツも含めて詳しく解説します。

アイキャッチ

コロナ禍で焼肉屋の開業・経営が好調な理由

新型コロナウィルスによって大きな打撃を受けている飲食業界。営業自粛や外食控えで逆風が続く中、健闘している業態があります。それが「焼肉屋」です。

日本フードサービス協会によると、2020年11月の外食産業全体の売上高が前年同月比92.2%と苦戦しているのに対して、「焼肉屋」の売上高は109.4%と好調に推移しています。

過去10年間で倒産件数が最小など好調が続く「焼肉屋」ですが、その理由はどこにあるでしょうか?

空調設備が充実している=感染対策に繋げやすい

大きな理由の一つと考えられているのが「換気」に対するイメージです。

コロナ感染拡大後に行われたリクルートライフスタイルの調査では、お店選びの際に重視するポイントの第2位に「きちんと換気がされているか(男性37.3%、女性62.3%)」があげられています。

多くの「焼肉屋」では各テーブルに無煙ロースターなどの排煙装置が備え付けられて、匂いがこもらない工夫がなされています。

この空調設備の充実ぶりがお客様には「換気が良い」というイメージにつながり、他の飲食店と比べると感染対策に繋げやすいと評価されているようです。

自動化が容易で接触機会を減らす工夫が取りやすい

近年、焼肉屋で導入が進んでいる「TTO(テーブルトップオーダー)」もコロナ対策としてのイメージ向上に貢献しています。

TTOとはお客様がタッチパネル端末などでセルフオーダーする仕組みです。焼肉屋はTTOとの相性が良く、容易にシステム導入できる業態です。

TTOが導入された店舗では従業員との接触機会が減ることで、お客様が抱くコロナ感染への不安を和らげられます。

焼肉屋は様々な開業形態が可能

焼肉屋は人気拡大に伴い、従来のファミリー層に留まらず幅広いお客様のニーズが生まれています。

例最近では一人で焼肉を楽しみたいというお客様に向けた「一人焼肉」という形態が人気となっています。このような少人数向けなど、新しいニーズに合わせた店づくりが行いやすいのも「焼肉屋」の魅力です。

コロナ禍においても他の飲食業態より柔軟な対応が図れたことが、好調な売上高につながっていると考えられます。

コロナ禍での焼肉屋のトレンドは?

新型コロナ感染拡大は、お客様の飲食店に対する意識を大きく変えました。

「焼肉屋」もお客様の変化に対応して、今まで見られなかった新しい業態が次々とオープンしています。

今お客様に求められている「焼肉屋」はどのようなものでしょうか?

ここではコロナ禍において、新しく誕生した焼肉屋のトレンドをいくつか紹介します。

小さな店舗でコロナ対策&回転率UP「一人焼肉専門店」

カラオケなどの「おひとり様」需要の高まりをうけて、焼肉を一人で楽しめる「一人焼肉専門店」が拡大しています。

一人一台の専用ロースターが設置され、オーダーもタッチパネルとお客様が気を遣うことなく、一人で焼肉を楽しめる環境づくりが行われています。

無煙ロースターによってにおいが服に残らず、コロナ対策にも有効とお客様が気軽に来店できる特性があります。

また「一人焼肉専門店」は小さな店舗でも展開できる強みがあります。

大人数向けのテーブルを準備する必要がないため空きスペースが減りますし、食事中の会話がなくなることで一人当たりの滞在時間も短くなります。

これまで展開が難しかった都市部などの小さな店舗でも、「一人焼肉専門店」であれば回転率を上げることで収益を期待できるようになっています。

経費を抑え、良質な肉を安価に提供できる「立ち食い焼肉専門店」

立ち食いで安価に焼肉を楽しめる「立ち食い焼肉専門店」も人気の業態です。

通常の焼肉店なら高価で手が出ない希少部位の肉が数百円からオーダーでき、肉の品質にこだわるお客様から高い支持を得ています。

小さい店舗面積で賃料、座席、ロースター、人件費などを抑えるとともに、回転率を上げることで、他の焼肉店では提供できない良質な肉の提供を実現しています。

ファミリー向けの郊外のロードサイド店舗

コロナ禍において集客の落ち込みが小さく売上の回復が早い地域があります。それが近隣に居住者が多い郊外やロードサイドです。

ファミリーという限られた関係での来店が多いことに加え、焼肉には家庭では味わえない「ごちそう感」があることが来店の動機を高めています。

また、価格面で安心できる「食べ放題」が拡大していることも、人気拡大の後押しをしています。

焼肉屋を開業するための初期費用

焼肉屋は他の飲食店と比べて内装工事費や厨房設備への投資が必要なため、開業資金が高額になります。お店のコンセプト、立地、規模などを可能な限り明確にし、必要な初期費用を把握することがスタートとなります。

これらの初期費用に加えて、開業当初の運転資金も必要になります。融資などを含めた資金確保の手配も綿密に行っていきましょう。

小規模店舗を開業する際に必要な資金は2000万円~

敷地面積が30坪程度、駅前や繁華街立地の小規模店舗をモデルケースとした開業資金の例です。

□物件取得費 600万円

 ・坪単価2万円×30坪 月額家賃 60万円

 ・保証金10カ月分

□内装工事費 1000~1300万円

 ・ロースター設置、ダクト工事 600万円~900万円

 ・給排気工事 300万円

 ・デザイン、防煙加工など 100万円

□厨房設備費 300~500万円

□備品、消耗品費 30万円

□資格取得費 3~6万円

□開業前人件費 20~30万円

□広告宣伝費 20~40万円

初期費用合計 1973~2506万円

大規模店舗を開業する際に必要な資金は4000万円~

敷地面積が100坪程度、郊外型ロードサイドの大規模店舗をモデルケースとした開業資金の例です。

□物件取得費 1000万円

 ・坪単価1万円×100坪 月額家賃 100万円

 ・保証金10カ月分

□内装工事費 2150~2600万円

 ・ロースター設置、ダクト工事 1350万円~1800万円

 ・給排気工事 500万円

 ・デザイン、防煙加工など 300万円

□厨房設備費 500~800万円

□備品、消耗品費 100万円

□資格取得費 3~6万円

□開業前人件費 60~100万円

□広告宣伝費 20~60万円

初期費用合計 3833~4666万円
物件の立地条件によっては1億円を超える可能性も十分にあります。

焼肉屋の開業に適した立地を探し物件を取得するべき

初期費用のめどが立ったら、次は物件探しを行います。

駅前や繁華街の一等地は集客力があり高い売上が期待できますが、賃料が高くほとんどの物件に大手チェーンが進出しているのが実情です。

二等地や郊外などのロケーションであっても、お店のコンセプトにあったお客様を呼び込める立地であれば、初期投資やランニングコストを下げていけば収益化を図れます。

ここからは、お店のコンセプトに基づいた立地や物件の探し方を考えてみましょう。

開業する焼肉屋のテーマに沿った立地を探そう

立地を探す際にしっかりと考えておくべきことが、「お店のコンセプト」です。

焼肉ニーズの多様化とともに、今では様々なコンセプトの焼肉屋業態があります。

「郊外型大型店」ならば近隣に家族層が多い住宅地と隣接している、「一人焼肉店」であれば都市部のオフィスで働く人が多いというように、ターゲット顧客の来店が期待できる立地を選定しましょう。

コンセプトを明確にしてターゲット顧客の生活圏に近い立地を選定すれば、お店の訴求力が高まることで二等地や三等地であっても積極的な来店を期待できます。

立地選定はお店の成否に影響するとても重要な要素です。慌てて決めたりせず、商圏調査や現地視察など可能な限り詳細に調べてください。

焼肉屋の開業は居抜き物件がオススメ

焼肉屋の物件を探す際には排気に関する注意が必要です。テーブルごとに設置する排気管のスペースや、店外への排気ダクトなども考えて物件を選びましょう。

焼肉屋の特性を考慮すると、オススメなのは「居抜き物件」です。「居抜き物件」であれば設備や機材が始めからそろっているため、初期投資をかなり抑えられます。

また、居抜き物件の中には焼肉屋向けというものも多くあります。排気設備が整っている焼肉屋の居抜き物件は買い手が見つかりやすため、店舗が設備を残したまま退去できるからです。

ただし、焼肉屋の居抜き物件ということは、焼肉屋が一度失敗しているということを意味しています。失敗の理由を分析して、お店のコンセプトやターゲットに合致しているかをしっかりと検討してください。

焼肉屋の外装や内装にもこだわる必要あり

コンセプトが明確な焼肉屋ほど、それをお客様に伝える外装や内装が重要になります。

まずは外装によって、お店のコンセプトを伝えることが大切です。ターゲットとしているお客様、肉の品質、価格などが一目で分かる外装が理想的です。

内装では、来店されたお客様が楽しめる雰囲気づくりを念頭に置いてください。家族向けであれば開放感を出したり、一人向けであれば入りやすい雰囲気をつくるのも良いでしょう。

また最近では焼肉屋にも「清潔感」が求められています。焼肉屋は油や煙で汚れやすいからこそ、「清潔感」があるお店は女性や家族連れのお客様にとても支持されています。店内の色や素材を工夫して、「清潔感」ある店づくりを目指してください。

焼肉屋の開業に必要な設備や仕入れ一覧

開業にあたっては店内や厨房の設備や商品の仕入れの手配が必要になります。

設備や仕入れについてはコスト面を考えるのは当然ですが、お客様の満足度を満たすことを念頭に置いて選定しましょう。

焼肉屋の開業時に必要な設備は?

焼肉屋では座席でお肉を焼く「ロースター」と「排煙口」の取り付けが必要になります。

お店のコンセプトにもよりますが、清潔感を優先するのあれば煙の充満を防ぐ「無煙ロースター」の設置を検討しましょう。

排気設備の充実は女性客から高い支持を得られるとともに、コロナ対策にも有効なイメージづくりが行えます。

・無煙ロースター 1台あたり20万円~

・救援設備 1台あたり10万円~

・給排気工事 300~500万円

また、厨房については以下の設備が必要となります。

・業務用冷凍冷蔵庫

・ 調理作業台

・ シンク

・ 食洗機

・ 業務用コンロ

・ 業務用炊飯ジャー

・製氷機

・食器棚

この他、店舗に必要な備品です。

・調理器具

・食器

・消耗品(手袋、キッチンペーパーなど)

・衛生用品(アルコール消毒、清掃用具など)

・卓上用品(メニュー立て、調味料入れなど)

・レジ周り(POS、通信設備など)

・事務用品(PC、電話、清掃道具など)

焼肉屋の仕入れの内訳

□肉

肉の仕入れ先には卸業者、精肉店、畜産農家、卸市場があります。小規模の焼肉屋であれば仕入れのコスト、知識、手間などを考えれば卸業者が中心になります。また、仕入れる肉はお店のコンセプトに応じて、品質、部位、産地など選択しなければなりません。肉の選択は提供するメニューの味や価格に直結するため、お店の評価を決める最大のポイントになります。

事前に肉やメニューの研究や仕入れ先との相談をしっかりと行い、安定した仕入環境を築いていきましょう。

□タレ

肉とともにお店の味を決定づけるのが「タレ」の味です。

タレには「つけダレ」、「もみダレ」、「醤油味」、「味噌味」など様々な種類があります。

仕入れ業者等からできるだけ多くの情報を集めて、しっかりと納得のいくタレを選んでください。

□酒類、ドリンク

お店の利益に大きく貢献するメニューとして酒類などのドリンクがオススメです。特に焼肉は酒類との相性が良いため、お客様からのオーダーがかなり期待できます。

専門店や卸業者とも相談して、お店の特徴となるメニューをつくっていきましょう。

□キムチ

焼肉屋で欠かせないサイドメニューがキムチです。サイドメニューの中ではかなりの売上になりますので、お客様に満足いただける商品選定が必要です。

焼肉または漬物専業の仕入れ業者に相談していきましょう。

□冷麺

焼肉屋で提供される麺類といえば冷麺です。焼肉専門の仕入れ業者であれば取り扱いをしているケースがあります。

焼肉屋の開業に必要な資格の取得

焼肉屋を開業するためには、いくつか必要な資格があります。取得する手続きはそれほど難しくありません。「食品衛生責任者」と「防火管理者」の資格は「飲食店営業許可書」の申請に必要ですので、早めに取得手続きしましょう。

食品衛生責任者

「食品衛生責任者」資格は焼肉屋に限らず、飲食店を開業するためには必ず必要な資格です。

「食品衛生責任者」とは飲食店において食品の衛生を保ち、食中毒などの発生を防止する責任者です。「食品衛生責任者」1店舗に最低1人は必要です。

各都道府県の食品衛生協会において食品衛生学、公衆衛生学、食品衛生法の講義をうければ1日で取得できます。

防火管理者

「防火管理者」とは火災等からの被害を防止するため、消防計画の作成や防火管理の責任者です。

飲食店の収容人員が30人以上の場合は、防火管理者の設置が義務付けられています。

市町村の消防署や日本防火・防災協会にて、1~2日の受講で取得できます。

必要な届け出

□保健所

管轄の保健所へ申請します。

申請に必要な書類等が保健所によって変わる場合があるので、お店の工事着工前に保健所窓口に相談しましょう。

書類審査と立ち入り調査を通じて問題がなければ、「飲食店営業許可書」が交付されます。

□消防署

・防火対象設備使用開始届

 店舗の新築、改築、増築する場合に必要となります。

・防火管理者選任届

 店舗の収容人員が30人以上の場合に必要となります。

・火を使用する設備等の設置届

 火を使用する飲食店は届け出が必要です。

焼肉屋の開業に必要なスタッフ数とその教育方法

スタッフの必要人数を算出するには、まずは営業時のオペレーションを考えましょう。

平日のピーク時間をイメージして、厨房やホールなど何名のスタッフ配置が必要かを想定します。この想定人数の3~4倍ほどが開業に必要なスタッフ数になります。

このスタッフ数は参考値であり、採用するアルバイトがフリーター、パートタイマー、学生かによって必要人数は上下します。

スタッフは採用しても、すぐに戦力にはなりません。

開業までにある程度の教育していないと、オープン時にトラブルが相次ぎ、期待して来店されたお客様の満足度を大きく下げてしまいます。

遅くとも1か月前には採用を開始して、2週間前にはオープン前研修を開始しましょう。

採用の際は調理場とホールにそれぞれリーダー的な業務ができる飲食店経験者を1人ずつは採用しましょう。リーダーを通してスタッフ教育をサポートしてもらえると、効率的な教育を進められます。

教育するにあたっては、可能な限り詳細なマニュアルを準備しましょう。特に調理や衛生面の管理は、食中毒などお客様の生命に関わる問題です。事故が起きてからでは取り返しがつきませんので、スタッフ全員への徹底が必要です。

焼肉屋の運営・経営の実態

コロナ禍において飲食業界は大きな打撃を受け、かつてない厳しい状況が続いています。そんな中、お客様からの人気が高い焼肉屋の運営・経営実態はどうなっているのでしょうか?店舗業態別に売上実績から分析してみましょう。

一人焼肉・立ち食い焼肉など、小規模店舗の実態

一人焼肉専門店の「焼肉ライク」は積極的な店舗展開しています。2018年1月に1号店をオープンしてから、2021年9月では全国68店舗まで拡大しています。都市部の飲食店では独り勝ちに近い状態であり、コロナ禍もむしろ追い風となっています。

立ち食い焼肉は小スペース低コストを活かして、堅調に運営しています。3~5坪の店舗面積で月商150~200万円の売上があり、徹底したコスト削減による利益創出を図っています。

ロードサイドの大規模店の焼肉屋の実態

ロードサイド大型店の経営実態について、焼肉食べ放題で人気の「焼肉きんぐ」を分析してみましょう。

「焼肉きんぐ」などの焼肉屋を運営する物語コーポレーション焼肉部門の直営店年間売上高(2020年7月~2021年6月)は約328億円で前年比111.3%となっています。

既存店売上は前年比101.3%とコロナ禍や新規出店が続いていることを考慮すれば、非常に堅調な売上となっています。

「焼肉きんぐ」は外食需要が減少する中、郊外住宅地に隣接するロードサイドへの出店を進め、ファミリー層の確保に成功しています。

焼肉には「ごちそう感」という魅力がある反面、お客様には価格面の不安がありました。「焼肉きんぐ」は食べ放題で3000円未満という値ごろ感を実現することで、幅広い顧客の確保に成功しています。

焼肉屋を経営した場合の利益

焼肉屋で成功しているオーナーはメディアなどで取り扱われることが多く、「焼肉屋は儲かる」というイメージがあります。

しかし、高級店を除けば焼肉屋が本当に儲かるようになるのは複数店舗を運営するようになった場合です。そのためにも1号店を成功させることが重要になります。

小規模の一人焼肉専門店の利益は月200万円程度

一人焼肉専門店「焼肉ライク」の収益モデルから試算します。

月間売上は1200万円の想定で、食材費、人件費、家賃、諸経費、ロイヤリティを引いた想定営業利益は208万円です。

この数字だけを聞くと利益が若干小さいように感じますが、初期投資回収期間が18ヶ月と短期間で設定されています。この回収期間を過ぎれば、オーナーの売上利益は大きく上昇します。

ロードサイド店舗の利益は月300万円程度

ロードサイド店舗の月商は2500万円程度と想定されます。

売上が2500万円で試算した場合、
人件費約400万円、原価1100万円、地代家賃やそのほか諸経費700万円
を差し引くと、償却前利益はおよそ300万円となります。

焼肉屋経営のマーケティング方法

開業が視野に入ってきたら、マーケティング方法の検討が必要です。

チラシや看板といった従来型の宣伝方法もありますが、お客様の多くは飲食店の情報をネットから取得しています。

顧客収集のために適切なマーケティング方法を考えていきましょう。

インスタグラムの活用

飲食店を探すときに利用されるSNSが「インスタグラム」です。インスタグラムは画像情報が得やすいため、飲食店のメニューや雰囲気を視覚で伝えやすくなっています。

基本使用料は無料ですので、上手に活用すればあまりコストをかけないで効果的なマーケティングツールとして使用できます。

ハッシュタグからの検索や投稿写真などでお客さまの関心をひきつけられれば、お店のホームページや来店へとつなげられます。

ビジネスツールとして利用できる「プロアカウント」ありますので、積極的に活用していきましょう。

食べログ・ホットペッパーグルメなどのプラットフォームの活用

今や飲食店にとって最も集客力が期待できる販促は、食べログやホットペッパーグルメなどのプラットフォームです。

食べログの月間利用者数は1億1800万人と、日本の人口に匹敵するような人数になっています。また、ホットペッパーグルメのネット予約人数は月間7100万人となっていて、若い女性に圧倒的な人気を誇っています。

新規顧客についてはほとんどのお客様がこれらのプラットフォームを通じて、お店選びをしています。これらの媒体をいかにうまく活用するかが、新規顧客獲得のための重要なカギになります。

まじはお店としてどのようなターゲットに訴求したいかを考えましょう。そのうえで、検索上位表示やクーポンなど効果的な方法を選択してください。

GoogleマップでのMEO対策

Googleマップは無料で利用できるサービスです。お店の情報を登録するとお客様がGoogleマップを使用した際に、お店の情報が表示されます。

お客様が近くのお店を探している時にお店の場所を知らせるとともに、Googleの検索でも上位表示される可能性が高まります。電話番号、営業時間、メニュー写真、お知らせなどを掲載しておけば、かなり有効な集客ツールとなります。

焼肉屋の経営で失敗しないコツは

焼肉屋の経営で大切なのは「事前準備」です。特にお客様の満足度を高めるメニュー作りと経営が軌道に乗るまでの資金確保でつまずくと、お店を成功させることはできません。

飲食店は一度オープンしてしまうと、簡単に軌道修正することはできません。後で後悔しないように、しっかりとした準備を進めましょう。

運転資金に注意

開業資金の中で意外と見落としがちなのが運転資金です。

お店の経営が軌道に乗るまでには、短くても3~6か月くらいかかると言われています。お客様に認知されてリピーターがつくまでには、どうしても相応の期間がかかってしまいます。

この期間に運転資金が底をつかないように、これまでの努力が水の泡となってしまいます。目安としては6カ月分くらいの固定費を確保できる資金計画作成と調達してください。

焼肉屋のテーマに沿った独自のメニュー設定

メニュー作りは開業する焼肉屋のテーマに沿ってつくりましょう。

まずは開業するお店の強みを明確に設定し、ターゲットとなるお客様に喜んでいただける商品が何かを考えていきます。

成功しているお店とそうでないお店の違いは、お店が明確なテーマを持っているかにかかっています。セールスポイントが不明確な飲食店は、お客様からの支持を得られません。

またテーマを設定できても、具体的なメニューにつなげるためには様々なノウハウが必要です。肉についての知識、調理方法、コスト管理などを事前に学習しておきましょう。

焼肉屋の開業・経営はフランチャイズがおすすめな理由

開業への意欲はあるものの、具体的なノウハウに不安のある方は焼肉屋のフランチャイズ加盟も一つの方法です。ロイヤリティなどの負担はありますが、個人店を一から開業するよりも以下のメリットがあります。

・経営ノウハウが確立されていて、研修を通して短期間で習得できる

・お店のネームバリューがあるため、新規顧客の取り込みが早い

・仕入れ先が確保されているので、一から探す必要がない

・マニュアルなど必要な情報が整備されている

フランチャイズであれば経営、調理など多方面からのサポートを得られます。焼肉屋経営で失敗するリスクを少なくしたいのであれば、かなり現実的な選択肢でしょう。

おすすめの焼肉屋フランチャイズ

焼肉屋業態でおススメするフランチャイズを紹介します。お店の特徴や開業資金などを参考に比較・検討してみましょう。

募集案件