カフェ・喫茶店をフランチャイズで開業・経営する際に確認すべき事柄を徹底解説!

「引退したら田舎でカフェを開きたい」開業に人気のカフェや喫茶店。しかし、いざ開業したら儲かるのかどうか不安な方も少なくないでしょう。そこで今回は、カフェ・喫茶店をはじめたい方がフランチャイズで開業、経営する場合に確認すべき事柄などを徹底解説します。

アイキャッチ

カフェ・喫茶店の開業はフランチャイズがオススメな理由

カフェ・喫茶店を個人で開業するには、リスクや困難なことが多いです。開業初期費用やランニングコストの資金集め、店のコンセプト決め、他店との差別化を図ったメニューなど、開業までに時間や手間がかかります。その上、集客につながる宣伝効果が得られるまでにもかなりの時間を要します。

しかし、フランチャイズでの開業ならリスクを軽減でき、経営に関するサポートも本部から得られます。また、ネームバリューによって開業当初から集客にも期待できます。そのため、特に未経験の方には成功への一番の近道と言えるでしょう。この項では、カフェ・喫茶店をフランチャイズで開業するオススメの理由を詳しく解説します。

仕入れルートが用意されているので自分で探さなくていい

フランチャイズは本部が仕入先を決めているので、自分で探す必要がありません。本部が一括仕入れをして各加盟店に供給しているところがほとんどです。この仕組みにより、仕入先を探す手間や価格交渉などの手間を省くことができます。また、一括仕入によって価格を抑えられるのもメリットと言えるでしょう。

ネームバリューがあるので、初期から集客がしやすい

自分で開業する場合、開業してから宣伝や口コミの効果がでるまで長い時間を要します。しかし、多店舗展開しているフランチャイズにはネームバリューがあります。つまり実績の積み重ねやメディアなどの宣伝効果がすでに世間に浸透しているため、開業当初から安定した集客が見込めるのです。

銀行からの融資が通りやすい

個人では実績がなく信用がないため、銀行などから融資してもらうのが難しいイニシャルコスト。しかしフランチャイズという後ろ盾があれば、融資も通りやすいです。なぜなら、成功例の実績を参考にした信頼度の高い事業計画書を作成できるからです。そのため銀行などの金融機関からの信頼も得やすくなります。融資以外にも助成金や補助金を利用すれば、さらに資金面の負担を抑えられます。

カフェ・喫茶店のフランチャイズ開業!形態によって開業資金は大きく変わる

カフェ・喫茶店を開業するには、物件取得費や内装費、駐車場代、設備費、備品、宣伝費、ランニングコストなどが必要です。さらに「郊外型カフェ」「都市型カフェ」「移動型カフェ」など出店形態によっても開業資金は大きく変わります。そこで出店形態ごとに必要な開業資金について解説します。

大規模店舗で開業する「郊外型カフェ」なら3000万円から

「郊外型カフェ」は、店舗が大きく駐車場が広いのが特徴です。郊外は車での来店が多く、座席数を埋めるのに十分な広さの駐車場が必要になります。そのため、物件取得費や内装費、設備費などに多くの費用がかかります。看板等も大きなものが必要で、設備も大型のものが必要なため、費用がかさむのがネックです。

人通りの多い場所での中規模店舗「都市型カフェ」なら1000万円から

「都市型カフェ」は、都心部や駅前など人通りの多い立地のカフェです。集客には最適ですが、その分物件取得費や家賃負担は大きくなります。有名な『スターバックス』や『ドトール』などもこの出店形態です。店はさほど広くありませんが、他のチェーンと比べると客の回転が早く売上が見込めます。居抜き物件などで経費を抑えると開業費用は更に抑えられます。

キッチンカーで開業する「移動型カフェ」なら200万円から

とにかく開業資金を抑えたいという方には、「移動型カフェ」がおすすめオススメです。開業資金の割合が最も大きいのが車両関連費ですが、レンタルすることも可能です。フランチャイズでは、加盟金やロイヤリティが発生しないところもあります。なお、開業前の研修費用は30万円程が一般的です。フランチャイズによって条件が違いますので、加盟金や保証金、サポートなどを比較して決めましょう。

カフェ・喫茶店をフランチャイズで開業する際の流れ

実際にカフェ・喫茶店をフランチャイズで開業するには、開業資金や資格、申請以外にも必要なものがいくつかあります。開業までの準備の流れについて順を追って説明します。

カフェ・喫茶店を開業するための資金の確保・事業計画を行う

まずは、開業資金と当面の運転資金が必要です。フランチャイズの場合は、開業資金、加盟金、保証金、ロイヤリティが必要になります。

  • 開業資金は安くて500万円~、平均的には2000万円前後かかります。

  • 加盟金は150万円~300万円

  • 保証金は100万円~150万円

  • ロイヤリティは売上の2%~5%(固定のフランチャイズもあれば、座席数に応じたロイヤリティが発生するところもあります)

次に事業計画の作成です。本部との話し合いなどによって、成功例や類似店舗などを参考に事業計画を作ることも出来ます。開業の動機や店のコンセプト、資金計画、開業後のビジョンなど細かく設定・計画しましょう。事業計画は、開業前も開業後も大切になります。事業計画に沿った経営ができているかを振り返る指針となるものだからです。十分に時間をかけて、本部と相談しながら作成しましょう。

フランチャイズ本部を比較検討し、加盟する

フランチャイズ本部選びは、最初から1社に絞らず比較検討することが大切です。特に加盟後のサポート体制がどの程度充実しているかが重要です。初めて開業するフランチャイズオーナーは、開業後のカフェ・喫茶店の運営や方向性に不安を覚えたり行き詰まったりする場合があります。その際に的確なアドバイスや情報を提供してもらえたり、十分にサポートしてもらえたりするかが、本部選びでは最も大切なポイントです。

また、加盟金や保証金、ロイヤリティなどにも違いがありますので、比較検討して本部を選ぶことをおすすめします。

本部の指示に従って開業準備をする

フランチャイズに加盟したら、本部の指示に従い開業の準備を進めていきましょう。店舗選びやスタッフの採用・教育、資格・申請、研修など、開業前に準備することはたくさんあります。事前にどのくらいの期間が必要なのか把握が必要です。漏れや遅れが生じると、その分開業の日程がずれ込んでしまうので注意しましょう。

カフェ・喫茶店オーナーのフランチャイズ開業での平均年収は500万円

カフェ・喫茶店のオーナーの年収は200万円~1000万円と差があります。個人では低単価・滞在型のため売上が上がらず年収も低い水準です。しかし、フランチャイズでは集客力があるため年収は高くなる傾向にあります。

カフェ・喫茶店のフランチャイズ開業後の年収をシミュレーションしましたので参考にしてください。

経費売上1店舗の場合2店舗の場合
人件費¥750,000¥1,500,000
家賃¥625,000¥1,250,000
材料費¥375,000¥750,000
水道・光熱費¥200,000¥400,000
宣伝広告費¥75,000¥150,000
ロイヤリティ¥75,000¥150,000
1カ月の売上¥2,500,000¥5000000
1カ月の経費¥2,100,000¥4100000
年収¥4,800,000¥9,600,000

経費や売上などは規模によって異なります。カフェ・喫茶店を個人で開業する場合は、売上の10%がオーナーの収入と言われています。フランチャイズには、ネームバリューによる集客力や独自のノウハウがあります。そのため、売上やランニングコストで個人開業との差が生まれるのです。

カフェ・喫茶店のフランチャイズの成功事例

カフェのフランチャイズチェーンで店舗数全国第3位のコメダ珈琲が、このコロナ渦でも唯一躍進しています。理由の1つとして立地があります。他の大手フランチャイズチェーンは都心部や駅前への出店が多いですが、コメダ珈琲は違います。生活道路沿いに多く出店しているのです。コロナ渦でテレワークが増えオフィスへの出勤も減り、都心部や駅前の店舗の利用が減りました。代わりに生活拠点の近くにあるコメダ珈琲は、コロナの影響が少なかったのです。

それ以外にもコメダ珈琲が躍進する理由がいくつかあります。コメダ珈琲の独自の制度やサポート体制について解説します。

社員としてコメダの経営を学びながら独立を目指せる「独立支援制度」

コメダ珈琲には、独自の「独立支援制度」があります。一般的に未経験の方がいきなりオーナーとして開業するのは不安があるものです。そのためコメダ珈琲では、コメダ珈琲の社員として1年以上の現場経験を積み、その後の独立を支援する制度を設けています。

コメダ珈琲の独立支援制度を利用するにはまず、コメダ珈琲の審査を受けて社員として入社します。入社後、実際に現場で1年以上働きながら、運営と経営のノウハウを取得します。その後、再び社内審査の後に独立・開業の準備をスタートするのです。独立支援制度を利用した開業では、加盟金や研修費用が免除の特典もあります。

初期費用のリスクを抑える「建築支援制度」

カフェの開業は、多額の初期費用がかかるリスクがあります。とりわけコメダ珈琲の開業では、建築費と内装費がかさみます。こうした負担を軽減するため、コメダ珈琲では建築費と内装費を一時負担する「建築支援制度」があります。コメダ珈琲から一時的に店舗を借りるという制度です。

この制度により、独立のネックになる開業資金の負担が軽減されます。

開業前の濃密な3ヶ月間の研修プログラム

コメダ珈琲を開業する前に、3カ月間の研修期間が用意されています。開業後すぐに他のコメダ珈琲と同等のサービス提供ができるようにするためです。

まず8日間のセンター研修で基本事項を学習し、その後60日間の実店舗での研修を受けます。研修では実際にサービスを提供しながらノウハウを学びます。店舗研修の40日目から50日目あたりでマネジメント研修が2日間あります。在庫管理やクレーム対応、シフト管理、計数管理まで研修します。

このようにコメダ珈琲は、運営・経営を独自のノウハウで構築し、店舗数拡大やサービスレベルの向上に繋げてきたのです。

カフェ・喫茶店のフランチャイズ選びで失敗しないために注意すべき点

カフェ・喫茶店のフランチャイズはたくさんあります。その中から失敗することなく選ぶための注意点を紹介します。

フランチャイズ本部の有名なメニューが必ず売れるとは限らない

カフェ・喫茶店のフランチャイズ本部で提供している有名なドリンクがあるとします。有名なドリンクを売っていれば儲かると思っている方も少なくないでしょう。しかし、有名なドリンクがどの地域でも売れるとは限りません。パンや料理も同様です。市場調査を行い、出店エリアで求められているものかどうかを把握しましょう。

カフェ・喫茶店のロイヤリティの相場は売上の2~5%が相場

フランチャイズ本部選びで、ロイヤリティは重要なポイントの1つです。ロイヤリティは毎月必ずかかってくるものです(移動式カフェのフランチャイズではかからない場合もあります)。売上の2%~5%が相場ですが、毎月3万円~8万円の決まった額をロイヤリティとしているフランチャイズもあります。また座席数分のロイヤリティが発生するところもあります。

ロイヤリティはフランチャイズのブランドやノウハウ、サポートの対価でもあるので、本部の良し悪しを額だけで判断するのでなく売上見込みや各種サポートとのバランスを考慮しましょう。

本部から必要なサポートは充実しているかチェックする

サポート体制の充実度は、本部を選ぶ際の重要なポイントです。本部のサポートがどの程度まで得られるかを把握しておく必要があります。アドバイザーのサポート体制もそれぞれに独自のものです。また、ニーズに合った商品開発や販売促進プログラム、従業員の採用サポート、研修制度など、独自のサポートを打ち出しているところもあります。経営経験のないオーナーには、損益計算書の作成サポートを受けられるかなども長い目で見ると重要なポイントになるでしょう。

おすすめのカフェ・喫茶店のフランチャイズ

先程コメダ珈琲の成功例を紹介しましたが、他にも開業におすすめのカフェ・喫茶店のフランチャイズがあります。それは『ドトール』です。ここでは『ドトール』がおすすめの理由を紹介します。

ドトールの直火焙煎と独自のフランチャイズパッケージ

『ドトール』がおすすめの理由は、以下の2点です。

  • 他では手間がかかって手を出さない「直火焙煎」を採用している

  • 長年培ってきた独自のフランチャイズパッケージがある

「直火焙煎」は珈琲のコクと香りを向上させます。しかし手間がその分かかります。『ドトール』は専用の機械を独自に開発し、他チェーンと差別化を図っています。

更に長年培ってきた独自のフランチャイズパッケージで、開業前の不安や開業後の対応まで手厚いサポートが受けられます。開業前には専門の教育機関で、22日間の研修が実施されます。これにより開店と同時に、安定した収益の実現を目指すのです。

そのほかにもカフェ・喫茶店のフランチャイズでおすすめのものは数多く存在します。様々なフランチャイズをみてご自身に合ったフランチャイズでの開業を検討してみてください。

まとめ

今回は、カフェ・喫茶店のフランチャイズ選びのポイントについて紹介しました。

カフェ・喫茶店のフランチャイズを選ぶ際、加盟金や保証金、ロイヤリティも選び方には大切なポイントです。しかしブランド知名度や本部のサポート体制でフランチャイズ選んだ方が、長い目でみれば成功への近道となるでしょう。

募集案件