バーの開業・経営を目指す方必読。開業資金や必要な資格、失敗事例を紹介。

バー経営は原価率が低く、客単価が高いというメリットがありますが、滞在時間が長くピークタイムも短いというデメリットもあります。こうしたメリットとデメリットをうまく抑えながら、バーを開業していくために必要な知識や失敗事例を紹介します。

アイキャッチ

バーの開業、経営が人気な理由

バーの開業、経営が今人気となっています。その理由としてバーは客単価が高い上に原価率が低いという高利益率体質であることや自分のやりたいことに合ったコンセプトを選びやすいという点があります。

ただし、バーの経営にはお客さんの滞在時間が長く回転率を上げることが難しいといった問題点やピークタイムが遅いというデメリットもあります。

こうしたバー特有の事情もしっかりと理解して開業しなければ、高利益率体質であると言ってもバーの経営に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため、この記事ではそうしたバーの開業・経営をしていくために必要な知識をしっかりと紹介します。

この記事をしっかりと理解して、バーの経営にぜひとも役立ててください。

バーは客単価や利益率が高い

バーは飲食店の中でも客単価が高い業態です。

バーで提供するお酒の価格は一般的にビールで700円以上、カクテルであれば1000円以上のものも数多くあります。そのため、お客さんが2~3杯のドリンクを飲んだだけでチャージ料も含めると2500円から3000円程度の客単価となります。

また、バー経営では客単価が高くなりやすいだけでなく、利益率も高くなる傾向があります。

一般的に飲食店では原価率が30%程度と言われていますが、それと同時にドリンク類の原価率が低いこともよく知られています。

バー経営ではその原価率の低いドリンクを中心に提供するお店であるため、他の飲食店の業態と比較して原価率を抑えることができ、それゆえに利益率も高くなりやすいと言えます。

このようにバーの開業、経営が人気な理由の1つに客単価と利益率が高いことが挙げられます。

多様なバーのコンセプトの中から選択できる

バーには伝統的で格式ばったオーセンティックバーや、よりカジュアルな雰囲気のショットバー、立ち飲みスタイルで入りやすい雰囲気のスタンディングバーなど多様なスタイルがあります。

こうした多様なバーのコンセプトの中から、自分の理想や出店する立地に合ったバーのコンセプトを選ぶことができることもバー経営が人気な理由の1つでもあります。

バーの開業前に決めておくべきこと、必要なものは?

備えあれば患いなしということわざがあるようにバーの経営を成功させるためにはバーの開業前に下準備をしっかりとしておく必要があります。

ここではバー開業の前に決めておくべき下準備を紹介します。

バーのコンセプトやテーマを決める

バーの開業前にはバーのコンセプトやテーマを決めておく必要があります。

オーセンティックバーやショットバー、スタンディングバーなど多様なバーの形態がありますが、それぞれに適したメニューや内装は異なります。

そのため、コンセプトを事前にしっかりと決めておかなければ、例えば内装はオーセンティックバーのように格式ばっており本格的なカクテルを提供してそうなのに、メニューはスタンディングバーのようなカジュアルなものしかないというようにチグハグなお店になりかねません。

そうした一貫性のないお店を作らないようにするためにも事前にバーのコンセプトやテーマをしっかりと決めておくことをお勧めします。

立地を決めて物件を探す

バーのコンセプトやテーマと同じぐらい重要なものが立地と物件です。

立地によってお店の商圏の人口分布によって客層が異なるため、適したバーのコンセプトやテーマも異なってきます。

また、近くに競合するようなバーが存在している場合にはそのバーと似たようなコンセプトでありながらもどこかで違いを生み出して戦っていくのか、全く異なるコンセプトで開業して異なるお客さんをターゲットにして共存できるようにするのかも考える必要があります。

風営法の影響によって営業禁止区域があることも立地を考える上で覚えておく必要があります。

風営法ではバーは住居専用地域や、学校や病院の近隣など保全対象施設に指定された施設の周辺に出店することはできません。

こうした商圏や競合との競争、風営法による規制を考えて上で立地や物件を探していく必要があります。

お酒の仕入先を決める

バーはお酒を主に提供するお店であるため、当然お酒の仕入れ先も開業までに決めておく必要があります。

お酒の注文先は業務用酒屋と一般の人もお酒を買っている町の酒屋の主に2種類あります。

業務用酒屋の場合、品ぞろえ場豊富で、メーカーのキャンペーンや新商品の提案などメーカーからのサポートも間接的に受けることができるというメリットがあります。

その一方で、町の酒屋の場合、品ぞろえが得意ジャンルに偏っていることがあるものの、その分その得意ジャンルでは個性的なお酒を仕入れることができるというメリットがあります。そうした商品を使うことで他店とは差別化されたメニューを提供しやすくなります。

また、地域のニーズについてよく知っているため、お酒の品ぞろえについて相談する際によいアドバイスを受けることが期待できます。

このように、業務用の酒屋と町の酒屋の2つが仕入れ先としてありますが、それぞれ異なる特徴を持っているので、自分のバーのスタイルに合わせて仕入れ先を決めていくことをお勧めします。

バーの開業に必要な資金やランニングコスト

バーを開業して、経営していくためにはコスト管理をしっかりする必要があります。ここではその開業のために必要な資金や毎月どの程度のコストが必要になるのかの目安を紹介します。

バーの開業に必要な資金は300万円程度!

バーの開業に必要な主な費用項目は次の通りです。

  1. 物件取得費:120万円~240万円

  2. 内装工事費:100万円~200万円

  3. 備品(冷蔵庫や調理道具、食器など):100万円

バーを開業する際の初期費用として最も大きなものが物件取得費と内装工事費です。

一般的にテナント用物件では家賃の6か月から10か月以上が保証金として必要とされているため、月20万円の物件であっても初期費用として120万円から240万円が必要となります。

また、内装工事費もどれぐらい内装に凝るかや店舗の規模によって異なりますが、100万円から200万円程度かかります。

最後の備品ですが、冷蔵庫や調理器具、グラスなどの食器類、ユニフォームなど全てを新品で揃える場合には100万円以上かかります。

これら全てを合計するとバーの開業に必要な金額は300万円程度ということになります。

バーを経営するときのランニングコストは70万円程度!

バーを経営する際の主なランニングコストは次の通りです。

  1. 家賃:20万円

  2. 人件費:20万円

  3. 水道光熱費:15万円

  4. 箸やナプキンなどの消耗品費:5万円

  5. 食材やお酒などの原材料費:売上の20%程度

  6. 広告宣伝費:5万円

このようにバー経営のランニングコストはおおよそ70万円に原材料費を加えたものになります。

この中でも特に大きな費用である家賃と人件費は店舗サイズを削ることで、ランニングコストも抑えることは可能です。

ただし、店の規模が小さくても大きくても必要な厨房の広さはそれほど変わらないため、7坪程度の店舗だと客席が3坪程度しか確保できないため、客席を増やせず多くの売上を獲得することも難しくなります。

その一方で、小さい店舗で1人でオペレーションできるようなサイズであれば家賃と人件費を削ることができるというメリットがあります。

そのため、このランニングコスト70万円に加えて、売上の20%程度かかってくる原材料費を賄うことが難しそうな立地だと思えば、1人で営業できる大きさの店舗を探すことをお勧めします。

バーの月間収支は25万円、平均年収は300万円が目安

バーを経営した際にどれぐらいの年収を獲得することができるのでしょうか。ここではそのシミュレーションを紹介します。

バー経営の月間収支は26万円

バーでの平均的な客単価はカジュアルなバーで3000円程度と言われています。

仮に10席程度のバーで2回転したとすると、1日に約20人のお客さんが来ることになり、営業日数が月に20日だとすると、一か月の売上は3000円×24人×20日=120万円となります。

原材料費はおおよそ売上の20%程度なので約24万円となり、上記で説明したランニングコストの70万円を足すとおおよそ94万円が月間のコストとなります。

そのため、120万円から94万円を引いた26万円が最終的なオーナーの取り分となります。

バーのオーナーの年間利益/平均年収は300万円

月間収支で26万円がオーナーの取り分となったため、それに12か月分をかけた312万円程度が平均的なバー経営での年収となります。

バーの開業資金をおさえるための3つの方法

バーの開業資金は300万円以上と大きな資金が必要となります。そこで、その開業資金を少しでも抑えるための方法を紹介します。

スケルトン物件や居抜き物件を利用する

スケルトン物件とは店舗内の床や壁、天井など何もないコンクリート打ち放しの状態を指します。スケルトン物件の場合、設備を全て用意する必要があり、工事費用が高くなる傾向があります。

それに対して、居抜き物件は前に営業していた店舗の設備が残っている状態の物件を指します。居抜き物件の場合、設備を転用できる分、工事費用を抑えやすいと一般的に考えられています。

しかしながら、実際には工事内容によっては居抜き物件で内装を変更する場合、既存の設備や壁などを取り壊す手間も生じてくる場合があります。そのため、工事内容によってはスケルトン物件で一から工事をした方が工事費用を抑えられる場合もあります。

そのため、自分の求める理想の内装を実現するためにスケルトン物件で一から作り上げた方がよいのか、居抜き物件で簡単な修正で抑えるべきなのかはしっかりと考えて、物件を探した方がよいでしょう。

高額な機器についてはリース契約を検討する

冷蔵庫などの高額な機器についてはリース契約を行うことで開業資金を抑えることができます。例えば、業務用冷蔵庫は30万円程度するため、リース契約にすることでその分の初期費用を浮かすことができます。

ただし、初期費用として掛からない分、ランニングコストとしてリース料がかかってくるようになるため、注意が必要です。

バーの開業・経営で使える補助金や助成金を申請する

バーの開業や経営では創業補助金や、持続化補助金、IT導入補助金などが主に活用できる助成金となります。

創業補助金は創業時に必要なコストの一部を国や地方公共団体が補助してくれる制度のことを指します。各年度によって名称が異なっていますが、事業計画書や面接を通過すれば50万円以上の補助金を得ることができます。

持続化補助金には一般型と低感染リスク型ビジネス枠の2種類あります。一般型では50万円を上限として店舗改装やチラシ作成など販路開拓のために利用でき、低感染リスク型ビジネス枠ではポストコロナ社会を見据えて100万円を上限として消毒液購入費や換気設備導入、デリバリーサービスの導入、ECサイトの構築といった目的で利用することができます。

IT導入補助金はその名前の通りITツールの導入を支援するための補助金で、30万円から450万円の支援を受けることができます。

また、他にも各地域独自の補助金・助成金が存在する場合がありますので、出店する地域で補助金・助成金を調べてみることをお勧めします。

バーの開業・経営に必要な資格や届出

バーの開業・経営を行うにはとるべき資格や届出がいくつかあります。ここではバーの開業・経営に必要な資格や届出を紹介します。

食品衛生責任者の資格

食品衛生法ではバーを含む調理業を行う店舗では食品衛生責任者を設置する必要があります。

この食品衛生責任者は食品への微生物の混入や食中毒を引き起こすことを防止したり、問題が発生した際に分析をする役割を担っています。

食品衛生責任者の資格は、各地域で開かれている6時間の講習を受けるだけで獲得することができます。

防火責任者の資格

ある程度の大きな規模の店舗を構える場合に必要となるのが防火責任者の資格です。

従業員を含めて30人以上収容が可能となっている店舗では防火責任者を設置し、各地域の消防署長に届け出る必要があります。また、防火責任者の資格には甲種と乙種の2種類があり、施設の延べ面積が300㎡以上の場合には甲種の資格が必要となります。

この防火責任者の甲種と乙種の資格を得るためには、各地域の消防局で行われている講習を受講する必要があります。講習は甲種の場合は2日間、乙種の場合は1日となっています。

甲種の資格を取ればどの施設でも防火責任者になることができますが、取得に労力がかかる上に5年に1度講習を再度受講する必要があります。

そのため、防火責任者の甲種と乙種のどちらの資格を取得するかは開業する店舗の規模に応じて決めることをお勧めします。

飲食店営業許可申請の届出

食品衛生法に基づいて、飲食店では営業許可の申請手続きが必要となります。申請から許可まで2週間程度かかるとされているため、各自治体に事前に相談をした上で、営業開始の2週間程度前には必要な書類を提出することをお勧めします。

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書の提出

日付が変わっても酒類を提供するお店を開業する場合、深夜酒類提供飲食店営業開始届出書の提出が必要となります。

この届出書の提出なく深夜0時以降に酒類の提供を行っていた場合、50万円以下の罰金が科せられます。そのため、0時以降にもバーの営業を行う場合には、必ず開業前に手続きを済ませておかなければなりません。

届出書のフォーマット自体は警視庁のHPからダウンロードすることができます。ただし、営業所の平面図や営業所求積図など複雑な書類を仕上げる必要があるため、行政書士などに依頼することをお勧めします。

バーの開業に必要な設備や内装、備品

バーの開業に必要な設備や備品は種類が数多くあります。ここではその一覧を示しておきますので、チェックリストとして活用してください。

バーの開業に必要な設備一覧

  1. 2槽シンク:食品衛生法で洗浄設備は2槽以上の規定があります。

  2. 調理道具

  3. 冷蔵庫

  4. 製氷機

  5. ドリンク用冷蔵庫

  6. アイスストッカー

  7. カウンターとテーブル

  8. 椅子

  9. ボトル棚

  10. 食器棚

  11. シェーカー

  12. グラス

  13. メジャーカップ

  14. バーブレンダー

  15. スクィーザー

  16. アイスピック

  17. バースプーン

  18. ミキシンググラス

バーは内装が大切!人気店をめぐって内装のイメージを固めよう

あのスターバックスが他のコーヒーチェーンと比較して高い人気を誇っている理由の1つは、単にコーヒーを味わう場所ではなく、家でも職場でもない第三の場所(サードプレイス)としてお客さんにくつろげる場所を提供していて、そのために内装にこだわっているからだと言われています。

バーに来る人たちも同様で、単にお酒を飲みたいだけではなく、良い雰囲気の中でお酒を飲みたいと思っている人たちが多くいます。そのよい雰囲気を作るためには内装にも力を入れる必要があります。

バーに来るお客さんがどのような雰囲気を好むのかを把握するために、人気のバーをいくつか実際に訪れてみて、自分のお店のイメージを予め把握しておくことをお勧めします。

コロナ禍でも人気!話題の最新バー業態を紹介

バーの経営では自分のスタイルを貫くことも重要ですが、トレンドを把握しておくことも重要です。ここではコロナ禍でも人気が出ている最新のバーを紹介します。

海外発祥のテイクアウトカクテル

コロナ禍において様々な飲食店がウーバーイーツなどを利用したテイクアウトのサービスを展開していますが、それはバーでも例外ではありません。

ロンドンやニューヨーク、香港などの海外のバーではコロナ禍での生き残りをかけて、カクテルのテイクアウトに力を入れ始めており、またそれが成功をもたらしています。

ワインバザールの調査によると、カクテルを全く飲まない人は日本国内では約60%もいますが、その一方で20代においてカクテルを全く飲まない人は30%程度となっています。

このように今は若い人にしか馴染みのないカクテルですが、逆に言えばカクテルに慣れ親しんだ人たちが今後は増えていくと考えることもできます。

そのため、潜在的な成長力があるカクテルのテイクアウトは日本でも将来性のあるサービスと言えます。

ただし、アルコール類のテイクアウトできるようにするためには国税庁に申請を行い、酒類小売業免許を得る必要があります。テイクアウトカクテルのサービスを提供する場合にはこの点に注意が必要となります。

全品完全ノンアルコールのバー「0%」

バーであるにもかかわらずアルコールを提供しない完全ノンアルコールのバーが日本でも六本木に誕生しました。

この完全ノンアルコールバー「0%」はお酒はあまり得意ではないもののお酒を酔うような感覚を楽しみたいという人をターゲットにしたバーです。

ニューヨークやロンドンではこうしたノンアルコール専門のバーが数多く存在しているようですが、日本国内では現時点では六本木の「0%」しかありません。

このようにバーだからお酒を提供しなければならないと考えるのではなく、柔軟にコンセプトを考えることによって他のバーとの差別化をすることも可能になります。

未経験でもバーの経営で成功するためのコツ!

バーの経営をしたことがないという人の中には何をすればよいのか全く分からないという方もいるかもしれません。そこで、ここではそうしたバーの経営をしたことがない人のためにバー経営で成功するために行っておいた方がよい経営のコツを紹介します。

SNSやグーグルマイビジネスを活用する

バーにお客さんを呼び込むためには、まずはお店の存在を知ってもらわなければなりません。そのために、SNSやグーグルマイビジネスを活用することも重要となります。

FacebookやTwitter、インスタグラムなど様々なSNSを使って情報発信することができます。こうしたSNSをうまく利用して自分のお店をアピールすることでより多くのお客さんを呼び込むことができるようになります。

また、グーグルマイビジネスに登録をすることも情報発信をする上で重要となります。

グーグルマイビジネスに登録をすることでグーグルマップ上に自分のお店の情報が表示されるようになります。そのため、例えば「近くにいいバーがないかな」というようにバーの情報を探しているお客さんに対して効果的に情報を伝えることができるようになります。

SNSとグーグルマイビジネスのいずれも無料で利用することができるため、こうしたツールを必ず活用することをお勧めします。

営業時間外は間借りで店舗を貸し出す

利益を高めるために営業時間外のお昼時などは他のお店に店舗を貸し出すという手も使えます。

バーはその性質上ランチの時間帯に営業はしません。そのため、店舗を借りて賃料を支払っているのにその店舗をうまく活用できていない時間帯が生じてしまうことになります。

この隙間時間を高い賃料や初期費用を支払う余裕はないけれど、飲食店を開きたいという人に利用してもらうことによって、店舗を活用できていなかった無駄な時間を利益を生む時間に変えることもできます。

ただし、物件を借りている場合、その物件の貸主との契約によっては間借りで店舗を貸し出すことが禁止されていることもあります。

その場合、所有者に黙って又貸しをしてしまうと、賃貸契約が解除されたり違約金を支払う必要が生じる可能性もあります。

そのため、間借りで店舗を貸し出すことを検討する場合は、その物件の所有者と交わした「賃貸借契約」の書面をよく確認した上で、物件の貸主に連絡をして承諾を得る必要があることには注意が必要です。

食べログ、ホットペッパーグルメ、Rettyなどのグルメサイトに登録しよう

この情報化社会では口コミが売上を大きく左右する要因となります。食べログやホットペッパーグルメ、Rettyなどのサイトに掲載されていない飲食店は美味しいかどうか分からないから入るのをやめておこうと考えるお客さんも数多くいます。

そうしたお客さんを逃さないようにするためにも、グルメサイトに登録をして情報発信をしていくことが重要となります。

成功しているフランチャイズで開業するという選択肢も

開業にあたっての商圏分析やバーのコンセプト作り、メニュー開発に自信がないや、開業後の経営に不安があるという場合には成功しているフランチャイズで開業するという選択肢もあります。

フランチャイズではこれまで数多くのバーの開業を支援したり、経営を行ってきた経験からそうした開業・経営のノウハウを数多く蓄えています。

そのため、バー経営のノウハウに不安があり、そうしたサポートを受けたいと考えている場合にはまずはフランチャイズに加盟してバーを開業することをお勧めします。

募集案件